テレワークの生産性をアップさせる 5 つの方法

自宅での仕事は、慣れないうちは多くの問題が生じます。 オフィスと同じレベルの集中力を発揮するのは難しい場合があります。 突然チームと離れ離れになり、コラボレーションや人とのつながりが不足し、タスクの進行や優先順位付けが難しくなることがあります。

リモート作業のカギはテクノロジーです。 さまざまな場所で生産性とチームワークを最適化させる方法は、電話やメール以外にも多数あります。 自分に合った最適なコラボレーション・ツールを見つけ、リモートワークのスタイルに合わせてカスタマイズしましょう。 チームとの良好な関係を維持することを優先させましょう。

リモートワークの自由さを享受しながら、生産性を維持するための5つのヒントを集めました。

#1 ビデオ会議を導入する

同僚の反応が目に見えるため、効果的な意思決定を行い、ビジネスを最適化できます。 自動照明補正機能が付いたハイ・フレームレートの高品質ビデオ・ソリューションならMicrosoft TeamsZoom Amazon Connectのようなビデオ会議プラットフォームから多くのメリットを受けることができます。

#2 コラボレーションを高め、会議を盛り上げる

テレワークは孤独で、同僚とのつながりを持てないため、精神的に疲れてしまうことがあります。 リモートワークで仕事する場合、 ZoomMicrosoft Teams Amazon Connect などのコラボレーション・ツールを利用すると、自分のチームや他のチームとのコラボレーションが促進され、全員が常につながっている状態を保つことができます。

たとえば、 Office 365 の一部である Microsoft Teams は、どのデバイスからでも社員が整理整頓された状態で会話を行えるコラボレーション・アプリです。 Microsoft Teams を使用すると、スタッフや社外のゲストと簡単にチャットできます。 また、電話をかけたり、会議を主催したり、グループ・チャット/通話を作成したり、ファイルを共有したりできます。 Microsoft Teams では、チーム会議やグループ通話を記録して、オーディオ、ビデオ、画面共有アクティビティをキャプチャすることもできます。 また、自動文字起こしによる記録のオプションもあります。これにより、会議記録を字幕で再生し、重要なディスカッション項目を検索することができます。 記録はクラウド上で行われ、 Microsoft Stream に保存されるため、組織全体で安全に共有できます。

#3 適切なオーディオ・デバイスの選択

オンライン電話会議に参加する場合、ヘッドセットの品質はインターネット接続の速度と同じくらい重要です。 音質が悪いと、通話の生産性やチームのコミュニケーションにマイナスの影響を及ぼすことがあります。 自宅、カフェ、移動中でも、ワイヤレスのアクティブ・ノイズ・キャンセリング・ヘッドセット を用いれば、周囲の騒音を低減し、業務通話の品質を向上させることができます。 また、ヘッドセットに搭載された高品質のマイクは、聞き手の音声の明瞭度を高めます。

UC 認証ヘッドセットを選ぶ 理由

テレワークで通話がはっきり聞こえる場合でも、クリアな信号を伝える高品質なマイクを備えたヘッドセットがあれば、通話相手はより優れたオーディオ体験を得られます。 ノートPCのキーボードに付いているマイクに向かって話している自分に気付いたことが一度や二度はあるのではないでしょうか。ワイヤレス・ヘッドセットがあれば、通話中であっても生産性が高く、ちょっとしたマルチタスクが可能になります。

UC認証のオーディオ機器を選ぶ重要性

認定ヘッドセットを選択することで、より優れた、より直感的な作業環境を実現することができます。 例えば、EPOS のスピーカーフォン、 EXPAND 30 T 、次世代のヘッドセットADAPT ライン など、Microsoft Teams認証のヘッドセットやスピーカーフォンには、専用の Microsoft Teams ボタンを備えたモデルが用意されています。 このボタンを押すと、ただちに Microsoft Teams アプリが起動し、会議のスケジュール設定、通話の開始、カレンダーのチェックなどに直接アクセスできます。これにより、生産性と接続性が向上します。 また、 EPOS Microsoft Teams モデルは、 Microsoft Teams アプリからの通知を、音声と視覚によるアラートで知らせてくれます。 Microsoft Teams に加えて、 EPOS のヘッドセットとスピーカーフォンは、 Zoom や他の 主要な UC プラットフォームとも互換性があります。

# 4 指定された作業エリアの確立


場所 自宅で仕事をする場合、専用のワークステーションを持つことが不可欠です。 理想としては、ベッドやキッチン、テレビから離れた窓の近くに、何らかの物理的な境界線を設けることが重要です。 専用のデスクや仕事場があれば、洗濯物やその他の家事に気を取られることなく、仕事に集中できます。

#5 健康への気遣い

就業日は体系化されており、雇用主は従業員の健康に留意しています。 テレワーカーとして、健康への気配りは自分自身の責任です。 45分間の作業ごとに5分の休憩を取ると、脳はリセットされます。 少なくとも昼食には30分かけ、新鮮な空気の中で外を散歩することで、午後の仕事の準備が整います。

EPOS のオーディオ・ソリューションは、リモートワーカーを念頭に置いて設計されています

プレミアム・スピーカーフォンとヘッドセットを使用すると、ホームオフィスでより効率的に作業し、専門性を維持して生産性を最大化できます。 さらに、Microsoft Teams、Zoom、Amazon Connect、Googleなど、すべての主要なコラボレーション・プラットフォームと互換性があります。

EXPAND 30

どこでもすぐに会議を開催

自宅でも外出先でも、すぐに高品質な会議ができるポータブルなワイヤレス・スピーカーフォンであり、同僚と連絡を取り合うことができます。

EXPAND 30T は Microsoft Teams 認証を取得しており、 Microsoft Teams 会議にボタンをクリックするだけで参加できます。 打ち合わせスペースや自宅での仕事にも最適です。 このスピーカーフォンは最近、 Forbes 誌によってレビューされました。 EXPAND 30TについてのForbesの評価をお読みください。

EXPAND 30 シリーズの詳細はこちら

IMPACT 5000

IMPACTで通話

IMPACT 5000 シリーズは、企業に特化したワイヤレスヘッドセット・シリーズで、 3-in-1 の装着スタイルと中央ハブ・コントローラーを備えています。 このデバイスは、 Skype 、 Webex 、 Teams などの複数のユニファイド・コミュニケーション・ベンダーに対応しています。

DECT 認証のワイヤレス・ヘッドセット・シリーズとして、暗号化された音声通信を利用できます。 そのため、金融業界や貿易業界、または暗号化された音声通信が重要なその他の業界の方には、オフィスでもリモートワークでも、最適なヘッドセットです。

詳細はこちら

IMPACT 600

卓越したクリアなコミュニケーション
プレミアム有線 IMPACT 600 シリーズの優れたオーディオで、ホームオフィスをアップグレード。完璧さと簡単な通話操作を実現。

詳細はこちら

ADAPT 100

ユーザーのためのサウンド。 ユーザーのための設計
ミニマルなデザインに、通話やマルチメディアに適したEPOSステレオサウンドを搭載。 自宅でも外出先でも、シームレスに作業できるヘッドセットです。

詳細はこちら

なぜリモートワークなのか?

リモートワークは現代の職場の現実です。 多忙な生活を柔軟にコントロールし、ワークライフバランスを高めることができます。

雇用者にとっても、このような柔軟性を提供することは、優秀な人材を引き付け、従業員の病欠日数を減らし、事業の諸経費を削減することにも役立ちます。 雇用主が在宅勤務中の従業員の活躍と生産性の維持を支援するためには、集中力を高め、聞き間違いに費やす時間を減らすためのオーディオ・デバイス、不確実性を排除するためのコラボレーション・ツールなど、従業員が仕事をするための適切なツールを確保することが不可欠です。

43%

の米国従業員がリモートで仕事をしたことがある ( ハーバード・ ビジネス・レビュー )

83%

がフレキシブル・ワークにより生産性が向上したと回答しています。 Vodafone調査

50%

リモートの仕事では従業員の離職率が減少しました。 リモートワークの生産性調査、スタンフォード 大学

16.8日

リモートワーカーの年間労働日数は増加しています。Airtasker調査

57%

のZ世代の労働者が少なくとも週に 1 回在宅勤務しています。 - 共同作業の State of Collaborationレポート

59%

の人が、仕事の柔軟性を高めることで生産性が向上すると回答しています。 Staples Advantage Workplace Index

ご自宅での使用に満足いただける製品をお探しですか ?

販売店を探す

移動中で機能するアクティブ・ノイズ・キャンセリングが必要ですか ?

ADAPT 製品シリーズをご覧ください

EPOS ポータブル・スピーカーフォンの詳細をご覧ください

ポータブル・スピーカーフォン