テレワーク中の生産性をアップさせる 5 つの方法

自宅からの仕事は多くの課題が生じます。 慣れていない場合は、オフィスと同じように集中できないこともあります。 突然チームと離れ離れになり、コラボレーションや人とのつながりが不足し、タスクの進行や優先順位付けが難しくなってしまいます。

リモート作業のカギはテクノロジーです。 さまざまな場所で生産性とチームワークを最適化させる方法は、電話やメール以外にも多数あります。 あなたにとって最適なコラボレーションツールを見つけ、リモート作業に合わせてカスタマイズしましょう。自宅からの作業でも能力を最大限に引き出して、チームとのコラボレーションやつながりを確保できます。

リモート作業の生産性をアップさせる 5 つのヒントをご紹介します。

#1 ビデオ会議を導入する

同僚の反応が目に見えるため、効果的な意思決定を行い、ビジネスを最適化できます。 自動照明補正機能が付いたハイフレームレートの高品質ビデオソリューションなら、Microsoft TeamsZoom Amazon Connect のようなビデオ会議プラットフォームから最大のメリットを受けることができます。

#2コラボレーションを強化し、会議の成果を約束します

テレワークは一人きりでの仕事であり、同僚やチームメイトと話すことがないため、精神的に疲れる場合があります。 ZoomMicrosoft Amazon Connect などのコラボレーション・ツールは、チーム内や他のチームとのコラボレーションを強化する優れたツールであり、チームメイトとのつながりを維持するのにも役立ちます。

たとえば、Office 365の一部であるMicrosoft Teamsは、どのデバイスからでもスタッフ間のつながりを維持し、会話するためのコラボレーション・アプリです。 Microsoft Teamsを使用して、スタッフや社外のゲストと即座に会話できます。 電話をかけたり、会議を主催したり、グループ・チャットを立ち上げたり、通話でファイルを共有したりすることもできます。 Microsoft Teamsでは、チームの会議やグループ通話を録音して、オーディオ、ビデオ、画面共有のアクティビティをキャプチャすることもできます。 自動文字起こし機能を追加するオプションもあります。これにより、クローズドキャプションを使用して会議の記録を再生し、文字起こしで重要な議題を検索できます。 録音はクラウドで行われ、Microsoft Streamに保存されるため、組織全体で安全に共有できます。

# 3 適切なオーディオ・デバイスを選択する

オンライン電話会議に参加する場合、ヘッドセットの品質はインターネット接続の速度と同じくらい重要です。 音質が悪いと、通話の生産性とチームとのコミュニケーションに悪影響がでる可能性があります。 そのため、自宅でも、カフェでも、移動中でも、無線のアクティブ・ノイズ・キャンセリング・ヘッドセットにより、周囲の騒音を低減することにより、ビジネス通話の品質を向上させることができます。 ヘッドセットの高性能マイクは、リスナーの音声明瞭度も向上させます。

UC認定オーディオ・デバイスを選択することが重要

認定済みのヘッドセットを選ぶと、優れた直感的なエクスペリエンスを創出できます。 たとえば、スピーカーフォンEXPAND 30TやADAPTラインの次世代ヘッドセットなど、Microsoft Teams認定のヘッドセットとスピーカーフォンには、専用のMicrosoft Teamsボタンを備えたバージョンが用意されており、すぐにTeamsアプリを起動して、スケジュール設定にすぐにアクセスできます。 会議、通話の開始、カレンダーの確認など、生産性と接続性の向上に役立ちます。 Teamsのバージョンでは、Teamsの通知で、音と視覚による告知があります。 EPOSのヘッドセットとスピーカーフォンは、Zoomや他のUCプラットフォームとも互換性があります。

#4指定された作業領域を確立する


場所、位置、配置。 自宅で作業する場合、専用のオフィス・スポットであるワークステーションが重要になります。 自宅で作業する場合、理想的にはベッド、キッチン、テレビから離れて、窓の近くに、何らかの物理的な境界を設けることが重要です。 専用のデスク/作業エリアがあると、選択その他の家事に気を取られることなく、仕事に集中できます。

#5 健康への気遣い

就業日は体系化されており、雇用主は従業員の健康に留意しています。 テレワーカーとして、健康への気配りを自分で行うのはあなたの責任です。 45分間の作業ごとに5分の休憩を取ると、脳がリセットされます。 少なくとも昼食には30分かけ、新鮮な空気の中で外を散歩することで、午後の仕事の準備が整います。

EPOSのオーディオ・ソリューションは、テレワークの従業員を考慮して設計されています

当社のプレミアム・スピーカーフォンとヘッドセットを使用すると、ホームオフィスでより効率的に作業し、専門性を維持して生産性を最大化できます。 さらに、Microsoft Teams、Zoom、Amazon Connect、Googleなど、すべての主要なコラボレーション・プラットフォームと互換性があります。

EXPAND 30

どごでも、ただちに会議を開く

ただちに高品質な会議を開くことが可能なポータブル・ワイヤレス・スピーカーフォンにより、自宅や外出先から同僚と連絡を取ることができます。

EXPAND 30Tは、Microsoft Teams認定のポータブル・スピーカーフォンであり、ボタンをクリックするだけで、打ち合わせ場所、または自宅からチーム会議に接続できます。 スピーカーフォンは最近、フォーブス誌によってレビューされました。 フォーブス誌によるEXPAND 30Tの記事をお読みください。

EXPAND 30シリーズの詳細

IMPACT 5000

IMPACT 5000シリーズは、企業向けの無線ヘッドセットであり、3-in-1の装着スタイルとセンター・ハブ・コントローラーが付属しています。 このデバイスは、Skype、Webex、Teamsなどのユニファイド・コミュニケーション・ベンダーとの互換性があります。

IMPACT SDW 5000シリーズは、DECT認定の無線ヘッドセット・シリーズであり、暗号化された音声通信が可能です。 したがって、金融業界や貿易業界、または暗号化された音声通信が重要な場合、オフィスとリモートでの作業の両方に適したヘッドセットです。

詳細はこちらから

IMPACT 600

驚くほどクリアな通話
有線タイプの IMPACT 600 シリーズで優れた音質で通話し、ホームオフィスをアップグレードしましょう。完璧を追求したデザインで、通話への対応も簡単です。

詳細はこちらから

ADAPT 100

Your Sound. Your Design
EPOS ステレオサウンドは通話とマルチメディアに最適。ミニマリストなデザインが特長で、 テレワークにも外出時にもシームレスに順応するヘッドセットです。

詳細はこちらから

クリアなコミュニケーション

会話に集中

IMPACT 200の詳細

なぜリモートワークなのか

リモートワークは今日の職場に広まっています。 忙しい生活の中で場所と時間を柔軟にコントロールすることが可能になり、ワークライフバランスも向上します。

このような柔軟性を提供することは、雇用主にとっても優秀な人材を惹きつけ、従業員の病気休暇を減らし、経費の削減にもつながります。 雇用主にとって、在宅勤務中の従業員の生産性を高め、生産性を維持できるようにするためには、集中力を高め、聞き間違いや曖昧さに費やす時間を減らすことができるオーディオデバイスやコラボレーションツールの両面において、従業員が適切なツールを使用して仕事ができるようにすることが不可欠です。

43%

リモートワークをする従業員(米国)、 Harvard Business Review

83%

柔軟な職場環境による生産性向上を報告した従業員、Vodafone の調査

50%

低減したリモートワーク時の離職率、 リモートワークの生産性調査、スタンフォード大学

16.8

リモートワークで増えた従業員の勤務日数(年間)Airtasker の調査

57%

週 1 回以上在宅勤務する Z 世代が、 State of Collaboration report

59%

環境がさらに柔軟になれば生産性が高めると回答した従業員、 Staples Advantage Workplace Index