教育の最新現場では、優れた音声が必要とされます

職業的世界と同様に、ソーシャルディスタンスの導入以来、教育の世界も劇的に変化しました。 教師と生徒の双方が、遠隔教育の最新現場に適応することを求められ、相互につながり、コミュニケーションを行い、モチベーションを高めるための新しい方法を模索する必要がありました。 教室は仮想化され、学習を確実に継続するために、新しいツールとリソースが活用されています。 教師、学生、教育専門家にとって、状況はどのように変化したのでしょうか。この新しい現実の中で最高の教育体験を実現するため、どのような取り組みを行えるのでしょうか。

変化を続ける教育方法

生徒と教師のため、新しいツールが学習プロセスに組み込まれています。 遠隔学習では、家にいながら、あらゆる年齢層の学生を、Microsoft Teamsなどのビデオコラボレーションツールに参加させることができます。 全参加者に対応できる大規模なビデオ会議を、学生のために活用することも行われています。仮想的な大学講義では、参加者が多くの場合30人を超えます。 これは、仮想教室に適した新しい相互交流のルールを定めることでもあります。

遠隔教育に適応した技術

Microsoft Teamsの「挙手機能」に見られるように、テクノロジーも遠隔教育の最新現場に追いつくための努力を続けています。 これにより、学生は、会議コントロールバーに表示される手のアイコンを切り替えることで、発言を希望していることを示すことができ、仮想教室の状況へ積極的に参加しやすくなります。 オンライン学習ポータルの利用も増えており、タスクを設定したり、生徒の進捗状況を確認したりするために使用されています。 学生は、Microsoft 365などのオンラインプログラムで学習、課題の作業・提出を行います。 職業的世界で広く利用されているこれらのプログラムを、教育プロセスにも早期に統合できるという利点があります。

未来の教育はハイブリッド学習

教育コミュニティに関してMicrosoft *が最近行った調査によると、61%が、遠隔学習と対面学習が混在するハイブリッド学習環境が来年度から開始する予定であると述べ、 87%が、教室での教育が再開されたときには、以前よりもより多くのテクノロジーを活用する予定であると述べました。 教師、学生、教育管理者は、遠隔学習とハイブリッド学習へのスムーズな移行を可能にするために、必要なツールとソリューションの準備中であると言えます。

*Microsoft教育ブログBarbara Holzapfel, GM Education 投稿日時: 2020年6月15日 6:00 am

Microsoftによる有益な学習リソース

学校管理者、IT専門家、教師はすべて、新しい学校年度に備えて、Microsoftによる無料のオンラインリソースを活用し、自らトレーニングできます。 「遠隔学習向けに Microsoft Teams の使用を開始する」は、あらゆる種類の教育専門家を対象とした多種多様なリソースを提供しており、教育専門家が自らの進むべき方向を把握できるようにして、遠隔学習へのスムーズな移行を可能にします。

優れたツールには優れた音声が不可欠

遠隔学習とハイブリッド学習の現場では、Microsoft TeamsやMicrosoft 365などのソフトウェアソリューションを、新たに幅広く使用することが必要であるだけでなく、双方のコンピューター画面において、優れた音声も必要とします。 プレミアムオーディオブランドのEPOSは、Microsoftと提携して、Microsoft Teamsコラボレーションプラットフォームとシームレスに連携するオーディオデバイスの提供を可能としています。 学生、教師、教育専門家は、学習、教育、作業の場所を問わず、優れたオーディオ体験を確実に得ることができます。

EXPAND SP 30T

自然な会話が自然な学習を可能に ユースケース: 遠隔教室を指導する教師たち

あなたが、Microsoft Teamsで遠隔によるクラス指導を始めようとしている教師であるならば、EXPAND SP 30Tスピーカーフォンが、インスタントな仮想学習に最適です。 EXPAND 30TはMicrosoft Teamsの認定を受けており、PCおよびMicrosoft Teamsアプリケーションと簡単に接続できます。 このポータブルで高品質のスピーカーフォンは、あらゆるスペースを教室へと変えることができ、Microsoft Teamsミーティングのすべての参加者に高品質のオーディオを保証します。ホワイトボードに書き込み、レッスンをしながら、ハンズフリーで動き回ることができます。 最先端のエコーキャンセル処理により、自然なミーティング体験が保証され、会話が歪んだり失われたりすることなく、鮮明なディスカッションが可能となり、生徒はあなたの話すことをはっきりと聞くことができます。 EXPAND SP 30Tの専用Microsoft Teamsボタンを使用すると、あらゆるレッスンをすばやく開始できます。仮想教室に直接ジャンプして、授業に集中できます。 業界をリードするダブルトーク・パフォーマンスにより、同じ部屋で一緒に学習するのと同じくらい自然な生徒との交流が可能になります。

EXPAND SP 30Tの詳細はこちらから

ADAPT 300 シリーズ

場所を問わない学習と集中
ユースケース: オンライン教室に参加し、遠隔で集中している学生

自宅などの遠隔地から教室に参加する学生向けに、ADAPT 300シリーズには、優れた品質のオーディオを提供し、Microsoft Teamsの認定を受けた多目的ヘッドセットが含まれています。 ヘッドセットの専用ボタンからMicrosoft Teamsをすぐに起動して、仮想教室に直接ジャンプすることができます。確認するのは、BTD 800 USBドングルがパソコンに接続されているかどうかだけです。もちろん、ご自分がカメラに見栄えよく映っていることの確認も忘れずに! ADAPT 300シリーズは、厚みがあり快適なオーバーイヤー型イヤーパッドと、アクティブノイズキャンセリング(ANC)モードを備え、優れたパッシブ&アクティブノイズキャンセリングを行うことができます。弟がピアノの練習をしていても、すぐに集中できます。 学習のため、もっと静かな場所を探す必要があるときでも、折り畳み式のデザインにより、荷物をまとめて移動することも簡単です。46時間のバッテリー持続時間によって、必要であれば真夜中の活動にも十分な電力が確保されています。

ADAPT 300シリーズの詳細はこちらから

IMPACT MB Proシリーズ

マルチタスクの負担を軽減
ユースケース: 教育管理者には、絶え間のないコミュニケーションとマルチタスクが求められます。

学校管理者は、遠隔学習とハイブリッド学習への移行にあたって、教育機関が適応し、実行できるようにする責任があります。 教師と生徒が教え、学ぶために必要なリソースを確実に用意する必要があるのです。 もちろん、これには多くの連携が必要です。 学校管理者も、安全に仕事ができる自宅やその他の場所で、遠隔的に仕事をすることになります。 電話やマルチタスクに長時間を費やすのは、日常茶飯事です。 IMPACT MB Pro シリーズは、Bluetooth®ワイヤレスと高度なオーディオ技術で、ユーザーの快適性とプレミアム音質の自然な通話を実現します。 自宅でも外出先でも、ワークスペース内で移動し続けることができるヘッドセットであり、Microsoft Teamsなどのプラットフォームで自然なサウンドの通話体験を実現します。

IMPACT MB Proシリーズの詳細はこちらから