完璧な職場を求めて

旧石器時代から新石器 時代まで、 先史時代の人類の文化 における主要な時代は、古代の工具を製作した場所の名前に由来しています

欧州の グラヴェット文化、オーリニャック文化シャテルペロン 文化はアフリカ、オーストラリア、アメリカで例えると厳密には 「産業」です

つまり、人類の文化 は職場によって特徴付けられるのです。

グラヴェット文化という名称は、フランス南西部の地域「グラヴェット」から付けられました。 :その昔、グラヴェットでは人々は生産性が高く、経済的な方法で、協力しながら工具を作り、食物を加工していました。 , 農業を導入した一万二千年前でさえも、仕事が発生する背景には根本的な変化が起きました。職場自体は今も昔も変わっていないのです。職場を改善するには、一歩下がって職場の背景を観察する必要があります。

表向きは非常にシンプルで、職場とは「人が仕事を行う物理的な場所」です。より哲学的に考えると、 職場は、 「人、物、アイデアのネットワーク」であると言えます。この場所では「仕事」とは単なる労働ではなく、 このネットワーク内のさまざまな関係性から生じるアイデアなのです。 家具と道具 しかし 職場を 哲学的に とらえれば、 モノ、 アイデアのネットワークとして理解することができます。 そして この場所では、 「仕事」は 単なる労働ではありません。 それは、 このネットワークの中にあるすべてのものの間の さまざまな関係から生まれるアイデアです。

私たちは、このネットワークの運営と活性化の方法を 「職場の文化」 と呼んでいます。

テレワークという働き方がますます増えています 。 飛行機に乗る回数が減り、 オフィスを離れて仕事をするようになるにつれ、会議通話はますます重要になってきています。

理想的な職場文化

理想的な職場文化というものが機能的で 社会的に肯定的で 責任を共有するチーム志向の文化であり、個人が自分の仕事に投資して 生産の質に利益をもたらすようなものであると考えれば、 職場文化が 生産性に影響を与えるのは必然であることは間違いありません。 職場文化 は、偶然に発生するものではありません。 職場文化には、 多くの モデル があります。 個人の理想主義、実践、性格、目標を反映した決定の結果、これらのモデル がどれも偶然ではありません

これらの 関係 のうち 特に重要なのは、従業員同士の 関係 、そして 従業員 と 会社との 関係 です。 同僚の従業員が職場に就く理由のひとつであるなら 、 従業員の 関係 大切にしようと決めた場所で働いています。 これは 従業員 と 会社 の絆 を強くする 職場文化です。 そして、 仕事の しやすい場所になることは 誰もが認めるところです。 どこか他の場所に行きたいとは思わないでしょう

このようなこと すべてが 生産性の向上 につながるのであれば 、それは 持続可能で いわば文明の利器でもあるのです 信頼、責任、配慮の文化を育む方法を見つけ、 功績を認めたり、 専門知識を拡大するための投資などの行動を通じて、これらの価値を証明した企業は、 自らに実質的な利益をもたらす決断をしたことになります。

その典型的な例は シリコンバレーにあります。 Googleは一貫して「 Best Place to Work 」リストのトップにランクインしています。 Googleは 人を大切にしています 。 確かめたい方は、 Google の 社員の を ご確認ください。 Dropbox の 著名な 食堂と Apple のレストラン は、コラボレーションとイノベーションのメリットを享受し、人々と対話できる よう設計されています。

そして、これは、すべての 職場を 支配するもう一つの重要な関係、 人と 物との 関係を示しています 。 の配置 が極めて重要です 職場環境をどのように大切にしているかという基本的な理解を示すことは、職場文化と敬意について非常に明確なシグナルを送ることになります。

つまり 人類の文化 は、 文字通り職場で決まるのです。

クリエイティブ・オフィス においては 、オープン プラン の砂漠のようなデスクは、1 つの働き方 です。しかし、 職場の関係性は その場の「エコシステム」で決まります。 デスクで、キッチン で、防音ブースでの プライバシーに関する作業など 、さまざまな種類の 注意 が必要です 作家はデザイナーと同じようには集中しません。 また、デザイナーはオフィス・マネージャーと同じようには集中しません。 このことを認識し、 場所、時間、人に応じてオフィス文化を構築することは、各々の立場の人に相応のものを与えることです。一方では、 「図書館ルール」があるかと思えるような静かな会社 があります。 そうかと思えば、ランチタイムのなると子供の遊び場のように騒がしくなる会社もあります。

いずれにせよ、職場文化が 無計画に 発展した場合は、それが自分の利益につながっているかどうかを考えてみてください。 たぶんそうでしょう。 しかし、職場での目に見えない関係を考慮することは、 真剣に 考える 価値があります。

職場における重要な関係の一つ が、人とツール との関係 である場合 、最高のツールを手に入れること が大切です

テレワークという働き方がますます増えています 。 飛行機に乗る回数が減り、 オフィスを離れて仕事をするようになるにつれ、会議での通話はますます重要になってきています。 オープンオフィスのモデルでは、集中していることを示すために、アクティブ・ノイズ・キャンセリング・ヘッドフォンで余計な音を伝えないことがあります。

そして、より優れた職場にすることを目標にするならば、まずは直感的で、 効果的で、細部まだ優れた品質で聞き取れることで人々をつなぐように 設計されたされたオー・ディオ・ツール から始めましょう 。 初めての一歩は、他のステップと同じくらい大事です