通勤を最適化して生産性を高める方法

それは一種の「非時間」であり、家庭でも仕事でもなく、公でも私でもなく、無意味でも本質的でもありません。

イタリア人作家のイタロ・カリヴィーノ (Italo Calvino) は、都会でも 農村でも、完全でも空でもなく、 居住区でも無人でもない、あらゆる近代都市を「見えない都市」 と説明して有名になりました。

カルヴィーノが「見えない都市」を都市としたように、 家とオフィスの架け橋である通勤は、就業日となります。 それは一種の「非時間」であり、家庭でも仕事でもなく、公でも私でもなく、無意味でも本質的でもありません。

しかし、通勤に費やされる時間が非生産的 でなければならないという法律がないのは 事実です。 デバイスをポケットから取り出し、メールと予定をチェックすることで、 その日の仕事 を早く始めることができます。 その日のアジェンダを確認することは、十分に可能です。 会議や電話に備えるため、文書と口上の粗筋を考え、重要な会話やクエリへのアプローチ方法を検討します。

しかし、毎日の通勤を「架け橋」と呼ぶ場合、その比喩をたどってみましょう

しかし、毎日の通勤を「ブリッジ(橋)」と呼ぶのであればたとえ話で進めましょう

通勤が、職場に到着する前の何もしない時間の延長だとしたら、 戦略を練るのに最適な時間です この戦略を、 現在の仕事の状況とキャリアや仕事の目標の達成の間の架け橋として考えてみましょう。

キャリアやビジネスのために戦略を立てる ことは、現在の状況や目標に照らして、達成すべき ことを検討することです。

自分のビジネスや仕事の背景を深く理解するために、 読みたい記事や聴きたいポッドキャストのリストを用意しておくといいでしょう これは、お客様の業界に関連する資料かもしれません。 物事を把握していることは、一般的にキャリアや市場で進歩するための要件です。 しかし、コンテキストに対する幅広い感覚は進歩に欠かせません。

ここでの目的は 、停滞を防ぐ ことです。 質問を続けます。 政治、文学、宇宙論、神経科学、環境など、世界中のTEDトークやディスカッション全体が、潜在的に役に立つことがあります。

もちろん 、その日の義務や目的を考え、 それを達成するためにはどうすればよいかを考えて、単純に仕事の戦略を立てることもできます。

実際のビジネスの仕事にはそれ自体に勢いがありますが、 一日の始まりに意図を明確にすることは、その勢いを有効に導くための重要なスキルです。 電車やバスに乗っているときでも、その日の重要な目標を検討し、その日の一番の目標を To-Do リスト にまとめるだけで、毎日を見直すことができます。 遊びの感覚を持ってタスクと 義務の戦略化に取り組むことで、毎日の通勤が楽しくなる可能性が出てきます。 インスピレーションすら与えてくれます。

ADAPT シリーズの ヘッドセットは、この時間を便利で快適なものにします。 EPOSのヘッドフォンは、長年の厳しい通勤にも耐えうるように設計されており、他の人に迷惑をかけるような音漏れはありません。 また、アクティブ・ノイズ・キャンセリング機能を搭載しているので、外出先での作業中も集中力を保つことができます。