通勤を最適化して生産性を上げる

それは一種の「非時間」であり、家庭でも仕事でもなく、公でも私でもなく、無意味でも本質的でもありません。

イタリアの作家イタロ・カルヴィーノ(Italo Calvino)は、都市でも農村でも、完全でも空でもなく、居住区でも無人でもない、あらゆる近代都市を「見えない都市」と説明して有名になりました。

カルヴィーノが「見えない都市」を都市としたように、家とオフィスの間の架け橋である通勤は、就業日となります。 それは一種の「非時間」であり、家庭でも仕事でもなく、公でも私でもなく、無意味でも本質的でもありません。

しかし、通勤に費やされる時間が非生産的でなければならないという法律がないのは事実です。 デバイスをポケットから取り出し、メールと予定をチェックすることで、その日の仕事を早く始めることができます。 その日のアジェンダを、詳細に調べる可能です。 会議や電話に備えるため、文書と口上の粗筋を考え、重要な会話やクエリへのアプローチ方法を検討します。

しかし、毎日の通勤を「架け橋」と呼んでいる場合は、比喩をたどってみましょう。

しかし、毎日の通勤を「ブリッジ(橋)」と呼ぶのであれば、たとえ話で進めましょう

一日の始まりが、 職場 に着くまで仕事をすることができない通勤時間であるとするなら、 戦略 を練るための絶好のタイミングだと言えるでしょう。 戦略を練ることは、 現在の 仕事の状況とキャリアや仕事上の目標の達成に向かって「橋」を架けることだと言えます。

キャリアやビジネスの戦略を立てることは、 現在の状況や目標を確認し、それを達成するために何が必要かを考えることです。

ビジネスや仕事が置かれている状況をより深く理解するために、 読みたい記事や聴きたいポッドキャストのリストを用意しておきます。 業界に関する資料かもしれません。 一般的に、キャリアや市場で一歩先を行くためには物事を把握していることが必要です。 そして、より広い視野をもつことには、計り知れない価値があります。

ここでの目的は 停滞を防ぐことです。 質問を続ることです。 政治、文学、宇宙論、神経科学、または環境に関する世界のTED講演や議論の集約が、あなたの一助になっています。

もちろん、困難に立ち向かい、その日の義務と目的を検討し、その達成方法を検討することで、その日の戦略を立てることもあるでしょう。

何か仕事に取り掛かろうとする場合、その仕事の持つ機運というものがありますが、その日が始まるときに明確な意図を持つことは、仕事の機運を効果的に成功に導くための重要なスキルです。 . そのため、電車やバスが立ち往生している場合、その日の予定を確認し、その日の最も重要な目標を検討し、それをTo Doリストの最上位に置くだけです。タスクの戦略化と 遊び心のある義務感は、毎日の通勤を楽しくします。 創造的な意欲さえ湧いてきます。

当社のADAPT製品ラインヘッドセットは、この時間を便利で快適なものにします。 当社のヘッドフォンは、他の人に迷惑をかけるような音漏れがなく、何年もの間のラッシュアワー通勤に耐えるように設計されています。 また、アクティブ・ノイズ・キャンセレーションにより、外出先でも集中力と注意力を維持できます。