DECT 技術のビジネス上のメリットは何か。

DECT 技術は、現代のプロフェッショナルに素晴らしくクリアなサウンドとモビリティを提供する、ワイヤレス音声通信で一般的な標準となっています。 DECT デバイスは独自の周波数帯域を使用するため、Bluetooth® デバイスや Wi-Fi と干渉することなく使用できます。 通信システムを DECT にすることによって、現在の職場で大きなメリットが得られます。 ただし、実行する前に確認すべき様々な考慮事項があります。

DECT に関する 5 つの事実

  • DECT は、Digital Enhanced Cordless Telecommunications (デジタル強化コードレス通信) の略
  • DECT は、短距離コードレス通信のための欧州規格
  • DECT は、音声、データ、ネットワーキングに適応し、世界中でライセンスの必要のない周波数への割り当てで使用可能
  • DECT のヨーロッパにおける最も一般的な無線スペクトル割り当ては1880 MHz ~1900 MHz
  • DECT の米国における最も一般的な無線スペクトル割り当ては1920 MHz ~1930 MHz

__

DECT の最大のメリットは何か。

モバイルの安定使用

DECT デバイスはワイヤレスのため、現代のプロフェッショナルはオフィスの周りを移動しやすくなり、考えに集中し、コラボレーションや活動を活発にします。

快適なコミュニケーション

クリアな音声は通話をしやすくし、ストレスの少ない環境を作り出すため、業務の効率が高まり、職場の生産性が向上します。

2.4 GHz Wi-Fi と干渉しない DECT ソリューション

Bluetooth® ソリューションと同様に、 DECT も同じオープンエリアでより多くのユーザーが使用することが可能です。

__

DECT デンシティー&ローミングレンジ

デバイスデンシティー

オープンオフィスにワイヤレスの DECT ヘッドセットを展開する計画がある場合、特定のエリアで使用されるヘッドセットのデンシティーを考慮しなければなりません。 近接する DECT ヘッドセットは同じ無線スペクトルを共有します。つまり、同じエリアで同時に使用できるデバイスの数が制限されます。 この制限を超えると、干渉が生じます。

デバイスデンシティーに影響するローミングレンジ

ヘッドセットは、ベースユニットから遠いほど、使用する伝送電力が増えるため、別のデバイスが使用できる無線スペクトルが少なくなります。 つまり、ローミングレンジは同時使用ユーザー数に影響します。 ローミングレンジが狭くなると、DECT デバイスのデンシティーが増加し、その逆も成り立ちます。

__

DECT の展開の主な考慮事項

すべての DECT システムで DECT デバイスが使用できるチャネルの数は決まっています。 チャネル数は、ビジネスに展開できるユニット数と同じではありません。 さまざまな要因によって、展開できる DECT デバイスの数が影響を受けます。 最も重要な要因:

  • オフィスの働き方

デスクワークをする人数が増えれば、同時に使用するデバイス数も増えます。 ローミングする人員が多いほど、同じエリアで同時に使用できるデバイスは少なくなります。

  • 同時使用ユーザー数

同時に使用可能なユーザーの数は、一か所で使用される DECT ユニットの数を決めるのに大きく影響します。 これは、スタッフが常に同時に通話しているコールセンターでは非常に重要な考慮事項です。

  • オフィスのレイアウトと場所

オフィス、そのレイアウト、およびその建築材料は、DECT ユニットの範囲に影響を与えます。 DECT デンシティーも、周辺で利用されている同じ技術の影響を受ける可能性があります。

  • 展開される製品

DECT は業界標準であり、すべての DECT 製品は関連する規制および規格に準拠する必要があります。 ただし、選択したブランドは、導入されるユニットの最大数とワイヤレス範囲に影響を与えます。

IMPACT DECT ワイヤレス ヘッドセット

IMPACT D 10 シリーズ、IMPACT SD/DW シリーズ、IMPACT 5000 シリーズ

IMPACT DECT ワイヤレスヘッドセットは、現代のコミュニケーションを必要とするプロフェッショナルのニーズに合わせて調整されています。 快適さと満足感を重視している IMPACT D 10、SD/DW および IMPACT 5000 シリーズは、特に終日使用するユーザー用にワイヤレス ソリューションが優先され、生産性の向上に役立つよう設計されています。 EPOS DECT ヘッドセットの無線範囲は、一般的なオフィス事務所で最大 55 メートル (180 フィート) 、直線距離なら最大 180 メートル (590 フィート) です。 IMPACT DECT ヘッドセットの詳細については、以下のリンクを参照してください。

製品シリーズ

IMPACT DW

自由と柔軟性

会話をすることが仕事の場合は、優れた顧客体験を提供する DECT ソリューションを選択します。

詳細はこちらから

IMPACT D 10

ワイヤレスでいつでも自由に

クリアで自然なサウンドと、柔軟性を提供する DECT ソリューションでワイヤレスの利便性をお届けします。

詳細はこちらから

IMPACT 5000

Talk with impact

豊かで自然な音と完全な柔軟性を提供するワイヤレス DECT コミュニケーションの凄さを体験してください。

詳細はこちらから

ホワイト・ペーパー全体をダウンロード