見たものが聞こえる

速い反射が必要なゲームをプレイ しているとき、サウンドを聞いてから、プレーヤーの正確に効果が見えるまでの時間が、ゲームの流れを変えることがあります。 EPOSのエンジニアは、待ち時間を最小限に抑えるために深く掘り下げていきます。

特に競争的なゲームをプレイする経験豊富なゲーマー は、楽しみを妨げる最大の問題は、「レイテンシー」と呼ばれるシステムの特徴だと言います。レイテンシーとは何かがトリガーされてから実際に観察されるまでの時間の遅れのことです。

たとえば、すべてのインターネット接続に遅延が生じます。これは、パケット情報がある場所から別の場所に送信され、別の場所で受信されるまでにかかる時間です。 ゲームコントローラは、ボタンを押してからアクションを見るまでの時間である待ち時間にも悩まされる場合があります。 特に低遅延の「ゲームモード」がない場合、接続している画面にも待ち時間があります。テレビは、信号に遅延をもたらす独自の画像処理システムを備えている可能性があります。

オーディオシステムも同様で、ワイヤレス接続は遅延に悩まされることで知られています。 従来の Bluetoothオーディオ接続の待ち時間は最大200ミリ秒( 5分の1秒)です。 チェーン内の他の小さな処理遅延(ゲームに到達するためのボタンを押す、オーディオをトリガーする、Bluetoothレシーバーに到達するオーディオ)と組み合わせて使用します。これは、目にするもの(フラッシュ)と音のもの(爆発)の間に非常に顕著な遅延があることを意味します。




イラスト: ビジュアルから聴覚へのインプット。



インタラクティブではないオーディオを聞いているとき、待ち時間 関係ありません。したがって、Bluetoothヘッドフォンは待ち時間が長くても、お気に入りの ポッドキャストに適している場合があります。映画のようなリニアビデオでは、耳に届くオーディオとあわせるために画像に遅延を導入することができます。 原理はシンプルです 。もしこれから何が起こるのかわかっていれば、チェーンのあらゆる遅延を補うことができます。 しかし、ゲームのプレイは予測不可能な コントロール 入力に依存するため、問題を解決するために信号を遅らせることはできません その ため、ゲームに没頭し続けるには ワイヤレスヘッドセットの待ち時間を短縮することが重要です。

EPOSでは、ワイヤレスシステムのオーディオ遅延の低減に多くの研究開発時間を費やしてきました。 まず、最も適したチップセット/コンポーネントとオーディオコーデックを選択します。 (コーデックは、音声をエンコードして送信準備を整え、反対側でデコードするコンピュータープログラムです。)

エンジニアリングのトレードオフ が必要な場合があります。 たとえば、エンコード、変換、デコードを迅速に行う効率の良いコーデックでは、容認できないほど低いレベルにまでオーディオ品質を下げる、大きな損失圧縮率が必要になる場合があります。 あるいは、より高度なオーディオ品質に変換するが、今よりも高価でより多くの電力を消費する、より強力なチップセットを必要とする、非常に効率的なコーデックが存在する場合があり、これにより、ヘッドセットの電池使用期間が大幅に短縮される場合があります。 簡単に解決できない問題であれば、すべてのヘッドセットのレイテンシーは低く電池使用期間が長く、 高品質なオーディオが得られますが、この場合はそうではありません。

EPOS GSP 370 ワイヤレスヘッドセットは、ワイヤレスゲーミングにおける低遅延サウンドの好例です。オーディオチェーンに導入される待ち時間は、ほとんど認識できません。最長100時間の連続使用を可能にする非常に長いバッテリー使用期間を維持しながら、有線ヘッドセットにできる限り近い性能を実現するように設計したいと考えていました。設計上の課題を設定し、「ワイヤーの切断」を望むゲーマーに最適なバランスを実現しました。

当社の継続的な改善への取り組みは、ワイヤレスヘッドセットとドングル 再プログラム可能なファームウェア装備することを決定する ことで強化されます。 これにより、当社の研究開発チームは、既存の消費者だけでなく将来の消費者にも利益をもたらすことができます。

優れたサウンドを実現する製品を構築することは簡単ではありません。また、ゲーミングオーディオの卓越性 を達成することも容易ではありません。これには、遅延に焦点を当てたものも含まれます。EPOSは、ゲーマーのニーズを理解し、妥協することなく要件を満たすために必要なエンジニアリングスキルを備えています。

当社のエンジニアリングにおける独創性の優れた例は、GTW 270ハイブリッド・ワイヤレスゲーミング・イヤーバッドです。 Bluetooth を使用して、ポッドキャストを聞いたり、電話をかけたりするなど、インタラクティブではないオーディオ機能を操作できると同時に、コンパクトなUSB-Cドングルが使えるAndroidスマートフォンやNintendo Switchなどのモバイルゲーム機とペアリングすることで、外出先でもゲームを低遅延で楽しむことが可能です。 フルサイズの370ヘッドセットでは最も低い遅延を実現することはできませんが、 aptX™ Low Latencyと呼ばれる専門的な電力効率の高いコーデックを使用することで、EPOSはBluetoothとの完全な互換性を維持しながら、クラス最高レベルの低レイテンシーのイヤーバッドフォームファクターを提供します。