優れたオーディオはボディアーマーを超える力を発揮

上方、下方、正面、背後 – EPOS オーディオの卓越性が、ステレオまたはバイノーラルのサラウンドサウンドでゲーミングに生み出す違い

多くのプロゲーマーとともに、EPOS のチームも、自社で開発・製造した製品を毎日ゲームのプレイで使用し、スキルの高いゲーマーが、どのようにして競争力を高めるかについて深く理解しています。 マルチチャンネルのオーディオを提供するゲームで、ヘッドセットを使用するゲーマーは、ステレオでもバイノーラルサラウンドサウンドでもプレイできます。 この記事では、これらのいずれのシナリオでも、弊社のエンジニアがパフォーマンスを最大化する方法についてご説明します。

ステレオで方向感覚を把握

ではFPS をステレオでプレイしてみましょう。まずはフラットなプレイエリアを考えてみます。 ゲーム内で、あるサウンドが向かって右にある場合、左耳より右耳のほうがオーディオが大きくなります。 残念ながら、プレーンなゲーミングステレオオーディオでは、この情報だけでは、サウンドが前方右手にあるのか、それとも後方右手にあるのかはわかりません。 プロのゲーマーは、対面の方向を変えたり、ゲーム内を見わたすことで、この方向を確認しています。 両耳の音量がほぼ同一の状態から、ゲーム内の自分の視座を右に回転させたとき、右耳で音がやや大きくなり、左耳で小さくなった場合には、サウンドは後ろから来ています。 右に回転させたときに、右耳の音が小さくなり、左耳の音が大きくなった場合には、サウンドは前方から来ています。 エキスパートのプレイヤーなら、すぐにこのテクニックに慣れることができます。これは、現実で起きる音の状態と同じだからです。
残念ながら、音が上か下かを判断する同様の技術はありません。 この場合、プロのゲーマーは「コンテクスト認識」を利用しています。 特定のマルチプレイヤーマップを十分な時間プレイすることで、敵のいるのさまざまなフロア面の足音、自分の場所から聞こえる、特徴的なサウンドシグネチャーを習得できます。 熟練レベルのデザイナーなら、下のセラーのフロアカバーがキャンバスで、現在のレベルがコンクリートの下張りのときに、意図的に金属の上にガントリーを置くこともあります。 ゲームオーディオチームでは、フロア面ごとに異なる足音を設定しています。 プレイヤーは、顔の向きと、敵の足音の種類を組み合わせることで、水平方向と垂直方向の両方で、敵の位置を特定できます。

弊社のエンジニアは、こうした技術を熟知しています。 たとえば、弊社の H3 有線ヘッドセットスピーカーシステムは、正確でクリアなミッドレンジと、低音域応答制御を提供できるように調整されています。足音やドアノイズなどの音が聞こえる重要な周波数帯域に、ブリードやマスキングを発生させることがありません。 また人の脳は、この周波数帯域で、左右の耳の音量の違いを最適に識別しています。 このため、中音域のオーディオ品質が高まるほど、ゲーマーはスキルを利用して敵を見つけやすくなり、優位に立つことができます。

バイノーラルサラウンドサウンド – 自然な聞こえ方の選択肢

多くのゲームでは、ヘッドセットでバイノーラルサラウンドサウンドをサポートしています。 こちらから詳細な記事をお読みいただけます。 特定の方向から聞こえる音を、脳で認識できるようにするには、ヘッドセットに送られるオーディオが、実際と同じ解剖学的構造との相互作用(特に耳、頭、肩)を再現できる必要があります。 このようなタイミングや、周波数の微妙な違いを解釈することで、脳は音の位置を捉えます。 バイノーラルエンコードオーディオは、サラウンドサウンドをサポートするゲームで、マルチチャンネルのオーディオを取り出し、アルゴリズムフィルターを通して、耳と上部胴体との音の相互作用を模倣しています。 このようにして人の脳が、ヘッドセットから両耳に届くオーディオを、実際の世界の音と同様にデコードすることで、自然な没入感のある位置感覚が提供されます。 プレーンなステレオのように、方向キューを認識する特別なトレーニングは必要ありません。

ゲームがマルチチャンネルのオーディオに対応している場合、 EPOS GSX シリーズのような高品質のDAC搭載ヘッドセットアンプは、アナログステレオヘッドセットにバイノーラルコードとしてこうしたオーディオを提供できます。 近年のゲーム機の多くは、バイノーラルオーディオにも対応しています。 ただしこれまでと同様、品質は複数の要因に左右されます。

まずEPOSは長年の研究から、独自のサラウンドを完成させ、特に背後からの音の認識で、可能な限り優れたバイノーラル体験を達成しました。 また、バイノーラルサラウンドサウンドが効果的に機能するためには、高品質のヘッドセットがこれまでにもまして重要となります。 ヘッドセットをテストし、左右のスピーカーが正確に一致していることを確認します。2つのスピーカーのバランスが取れていなければ、各耳で相対ボリュームが非常に重要となる場面で、サウンドを認識できなくなるためです。 脳が効果的に指向性オーディオをデコードするために精度が重要となる中音域に加えて、脳が背後や、上、下にある音を特定するバイノーラル情報の多くは、高音域に存在しています。 高音域のバランスの取れていないヘッドセットを使用すると、バイノーラルサウンドが混乱し、一貫性が失われます。

お好みにあわせて、ピュアサウンド、忠実な再現度、そして爽やかでクリアなバイノーラルオーディオまで、あらゆるオーディオをお届けします。 EPOS のエンジニアは、ユーザーをしっかりとサポートします。

残念ながら、音が上か下かを判断する同等の技術はありません。 この場合、プロのゲーマーは「コンテクスト認識」を利用しています。 特定のマルチプレイヤーマップを十分な時間プレイすることで、敵のいるのさまざまなフロア面の足音、自分の場所から聞こえる、特徴的なサウンドシグネチャーを習得できます。 熟練レベルのデザイナーなら、下のセラーのフロアカバーがキャンバスで、現在のレベルがコンクリートの下張りのときに、意図的に金属の上にガントリーを置くこともあります。 ゲームオーディオチームでは、フロア面ごとに異なる足音を設定しています。 プレイヤーは、顔の向きと、敵の足音の種類を組み合わせることで、水平方向と垂直方向の両方で、敵の位置を特定できます。

弊社のエンジニアは、こうした技術を熟知しています。 たとえば、弊社の H3 有線ヘッドセットスピーカーシステムは、正確でクリアなミッドレンジと、低音域応答制御を提供できるように調整されています。足音やドアノイズなどの音が聞こえる重要な周波数帯域に、ブリードやマスキングを発生させることがありません。 また人の脳は、この周波数帯域で、左右の耳の音量の違いを最適に識別しています。 このため、中音域のオーディオ品質が高まるほど、ゲーマーはスキルを利用して敵を見つけやすくなり、優位に立つことができます。

バイノーラルサラウンドサウンド – 自然な聞こえ方の選択肢

多くのゲームでは、ヘッドセットでバイノーラルサラウンドサウンドをサポートしています。 こちらから詳細な記事をお読みいただけます。 特定の方向から聞こえる音を、脳で認識できるようにするには、ヘッドセットに送られるオーディオが、実際と同じ解剖学的構造との相互作用(特に耳、頭、肩)を再現できる必要があります。 このようなタイミングや、周波数の微妙な違いを解釈することで、脳は音の位置を捉えます。 バイノーラルエンコードオーディオは、サラウンドサウンドをサポートするゲームで、マルチチャンネルのオーディオを取り出し、アルゴリズムフィルターを通して、耳と上部胴体との音の相互作用を模倣しています。 このようにして人の脳が、ヘッドセットから両耳に届くオーディオを、実際の世界の音と同様にデコードすることで、自然な没入感のある位置感覚が提供されます。 プレーンなステレオのように、方向キューを認識する特別なトレーニングは必要ありません。

ゲームがマルチチャンネルのオーディオに対応している場合、 EPOS GSX シリーズのような高品質のDAC搭載ヘッドセットアンプは、アナログステレオヘッドセットにバイノーラルコードとしてこうしたオーディオを提供できます。 近年のゲーム機の多くは、バイノーラルオーディオにも対応しています。 ただしこれまでと同様、品質は複数の要因に左右されます。

まずEPOSは長年の研究から、独自のサラウンドを完成させ、特に背後からの音の認識で、可能な限り優れたバイノーラル体験を達成しました。 また、バイノーラルサラウンドサウンドが効果的に機能するためには、高品質のヘッドセットがこれまでにもまして重要となります。 ヘッドセットをテストし、左右のスピーカーが正確に一致していることを確認します。2つのスピーカーのバランスが取れていなければ、各耳で相対ボリュームが非常に重要となる場面で、サウンドを認識できなくなるためです。 脳が効果的に指向性オーディオをデコードするために精度が重要となる中音域に加えて、脳が背後や、上、下にある音を特定するバイノーラル情報の多くは、高音域に存在しています。 高音域のバランスの取れていないヘッドセットを使用すると、バイノーラルサウンドが混乱し、一貫性が失われます。

お好みにあわせて、ピュアサウンド、忠実な再現度、そして爽やかでクリアなバイノーラルオーディオまで、あらゆるオーディオをお届けします。 EPOS のエンジニアは、ユーザーをしっかりとサポートします。