食事、睡眠、テスト作業、その繰り返し

EPOSで働くなら、テスト作業は避けて通れません。 弊社はあらゆるテストを行っています。製品には納得できるまで、何度も繰り返しテストを行い、可能な限り最高の基準で設計・製造されています。

その設計とエンジニアリングによる卓越性は、出荷最終製品の品質と性能から容易に体験できます。 オーディオ 研究開発で100年を超える経験を持つEPOS製品は、適切な技術、優れた設計、用途に基づく最高の性能を発揮 できます。

しかし、 EPOS のオーディオ品質を向上させる重要な要素がもう一つあります。それは、製品の進化のすべての段階での徹底したテストです。最初のサンプルはもちろん慎重に試験しますが、開発の構築後もテストは継続されます。 この反復プロセスは、オーディオ品質と物理的堅牢性の両面で、製品のすべての面で継続的な改善を推進します。

テストを行う内容は? 開発中、当社は製品が出荷される 可能性のあるすべての地域の気候内で適切に機能することを保証します。温度、湿度、ほこりなど、さまざまな環境で試験を実施し、さらにユニットが工場から出荷されたときと同じ状態で小売店に到着することを保証するため、アジア、ヨーロッパ、北米間で事前に包装および輸送方法を試験します。

製品の製造に適した高品質 の材料を選択するだけでなく、その一般的な使用から発生する特定の問題についても試験を行っています。 例えば、毎日顔や髪の製品と接触するヘッドセットは、表面仕上げに損傷がないことを確認するためにさまざまな化学薬品、一般的な化合物、混合物でテストが行われています。






ユーザーの期待を を満たすため、通常の環境で毎日ご使用いただけるよう製品のストレステストを行っています。 テストでは、意図的に損傷を与える場面ででも、部品が破損せず、製品の構造が強く、目的に適合していることが確認されています。 また ユーザーが気付かない 面でも、破片が目に損傷を与えたり、スライス損傷につながる鋭利なエッジを残すことがないように、各製品バリエーションの破砕点まで 試験を行っています。

大量生産に向けてすべての製品試験を終えてからは、テスト体制は品質管理段階に移行します。このテストは生産品質の製造後チェックのような単純なものではありません。すべてのヘッドセットで、左右のスピーカーが小さな公差内に 収まっていることを確認 する必要があります。これは、全体的なリスニング体験に大きな影響を与えるためです。 ユニットごとに、すべてのネジ、接着剤、はんだ付けがスピーカーの性能を低下させていないことを確認する必要があります。

オーディオ試験では、製品に人間と機械の両方による品質管理を行います。 優れたオーディオは生産品質と密接な関連を持ちます。 これは、単純なソフトウェアの複製や新聞の印刷のようなものではありません。 ヘッドセットのスピーカーユニットは、サスペンション、マグネット、ボイスコイル、ダイヤフラムなどから構成されています。 これらの部品には、すべて自然な公差が生じるため、製造ラインから、すべてのヘッドセットをテストし、 スピーカーが全可聴帯域スぺクトル(20 ~ 20k Hz)にわたって期待に応えられること を確認しています。 スピーカーとマイクの両方の音質をチェックする「HATS」 (ヘッドアンドトルソシミュレータ)や「フラットカプラー」などのツールでテストを行い、できる限り ターゲットに近い周波数帯域の対応値を得られるようにします

また、オーディオの違いを注意深く聞き取れる特定の才能を持つ「ゴールデンイヤー」と呼ばれる優れた聴覚を持つスタッフ も控えています。 こうした定性試験により、 機械からの数値表示に頼ることなく、当社が設計したとおりの最終製品を確実にお手元にお届けできるようになります。

EPOSには、オーディオエンジニアリングにおける長年の卓越性があります。 ヘッドセットの価格が高いほど、設計により多くの価値を組み込み、開発する事ができます。 バッテリー、チップセット、スピーカー本体など、大きな違いを生み出す高品質のコンポーネントによる付加価値を高めることにより、製造コストの増加だけでなく、開発の複雑さや、品質閾値を達成するためのテストと反復の必要も増えています。

これは、私たちが決して譲れない品質基準を持つ理由の 1つに過ぎません。 耐久性と快適さを犠牲にすることも、スピーカーやマイクの品質を落とすこともありません。どんな時も、EPOSブランドにふさわしい製品をお使いいただけます。