エピソードを振り返って:優れたサウンドは教育の未来をどう形作るか?

EPOS のオーディオに対する情熱は、エンジニアリング、製品デザイン、研究にとどまりません。 日常のサウンドにまつわるストーリー、つまり、インフォメーション、インフルエンサー、エキサイティング、エンターテインメントのサウンドにも関心を寄せています。

オーディオが人間の体験をどのように形づくるかを探るため、サウンドの未来を創造する業界のパイオニアをフィーチャーしたEPOSポッドキャスト、Powered by Audio を立ち上げました。

シリーズの エピソード5 では、ホストのランディ・ザッカーバーグが、アーリン・ブロンザフト博士とスティーブン・テージョ博士に、教室でサウンド(とノイズ)が果たす役割と、それがますます進む遠隔学習の枠組みにどのように結びつくかについてお話を伺いました。

以下のフォームにご記入ください。教育者、保護者、教育機関の皆様には、今回のセミナーで得られたヒントやアクションポイントをまとめたサマリーシートをお届けします。

アーリン・ブロンザフト博士

ブロンザフト博士は、 5 人のニューヨーク市長官の顧問を務め、GrowNYC.orgの騒音対策委員会の委員長も務めています。 1970年代の画期的な研究では、地下鉄の騒音が子供の学習にどのように影響するかが、現在まで、専門家によって紹介されています。

スティーブン・テージョ博士

テージョ博士は、オンライン学習のパイオニアであり、1996年に最初の完全認定大学のオンライン・カリキュラムの構築に貢献しました。 UMass Lowellの教員、行政官、副学長としての経歴を持つテージョ氏は、この分野では著名な人物です。

以下のフォームに必要事項を入力して、レポートをダウンロードしてください。

はい。 EPOS から製品、特別オファー、イベント、コンテスト、招待、ニュースなどについて、カスタマイズされたマーケティングコンテンツをメールで受信することに同意します。 同意は、メッセージの取り消しリンクを使用していつでも取り消すことができます。 個人情報の取り扱いと保護については、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください

この連絡フォームに入力された個人データは、お客様のお問い合わせに回答し、それに関連して連絡する目的のみで EPOS Group A/S によって処理されます。個人データを処理する弊社の法的根拠は、 GDPR 第 6 条 (1)(f) に従って弊社の正当な利益に基づきます。 お客様の個人データは、お客様に連絡し、お客様のお問い合わせに対応するために必要な期間のみ保存されます。 詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。