スモラム ( デンマーク )

顧客の事例: Oticon

Oticonより、適応型アクティブ・ノイズ・キャンセレーション (Adaptive Active Noise Cancellation) を備えた ADAPT 660 が、課題を解決し多忙な日常生活の中で生産性を高めることができるかどうか、当社に問い合わせをいただきました。

課題

Oticon の大規模なオープン・オフィス環境は、産業界で大きな役割を果たしています。 しかし、電話会議やその場限りのミーティング、休憩場所でのおしゃべり、移動中の人々の話し声など、高レベルのバックグラウンドノイズのために、従業員が仕事に完全に集中したり、通話中に明確なコミュニケーションをとることができないことがよくあります。 これは生産性と健康に影響を与えます。


トライアル

IT、研究開発、マーケティング、人事など、さまざまなビジネス分野の8人が選ばれ、テストグループとしてさまざまな日常作業で、ヘッドセットをテストしました。

ソリューション

40日間の試用期間の後、参加者は集中力と仕事への集中度が大幅に向上しました。 効率的にコミュニケーション、コラボレーションする能力も強化され、なかには余分なエネルギーを使わずに済んだと感じた人もいました。 これは、ADAPT 600シリーズ・ヘッドセットにより、混乱のない作業環境ができ、騒がしいオフィス環境でも効率的に作業できるようになったためです。

オープンオフィスには課題があります

「Oticon のオフィス環境はとてもオープンです」と IT 部門ビジネス関係マネージャーの レオン・カストロ・ラグナ氏は説明します。「イノベーションを生み出すダイナミックな環境を作り出すためには欠かせません。 オープンさをなくすことなど考えられません。 ただ、オープンオフィスにもいくつかの課題があります。」

対処法

効率的に仕事ができるスペースを作るために、多くの従業員は騒々しく人の多いオフィス環境の中で集中して作業する場所を作り出す対処法を編みだします。 遅くまで仕事をしたり、自宅で仕事をしたり、ヘッドホンで大音量の音楽を聴きながら仕事をしたりする人がいますが、これらは効果的に仕事をする理想的な方法ではありません。

障害のないワークスペース

長距離フライトや毎日の通勤など、さまざまな状況下で 40 日間の厳しいテストを行った後、テスト参加者に ADAPT 660 ヘッドセットが仕事の仕方に変化をもたらしたか、つまり、コミュニケーションやコラボレーション能力を向上させる障害のないワークスペースを作ることに役立ったか確認しました。 彼らはまた、音質が全体的な経験を改善したか尋ねられました。

私が必要とする唯一のヘッドセットです。 Skype 会議や環境内の騒音の問題を解決し、仕事中に音楽を聴くこともできます。」

Peter Møgeltoft


ソフトウェア開発者

コミュニケーションとコラボレーション

グローバル企業である Oticon では、コミュニケーションプラットフォームとして Skype for Business を採用しています。 どのような会議でも、明瞭な聞こえてコミュニケーションできることは大切なことですが、参加者の多くが母国語ではない言語で話す状況では特に重要です。 Skype for Business を良く使っているユーザーは、明瞭な会話でコミュニケーションをとれることが会議の価値を最大化することに役立っていることがわかりました。

興味深いことに、ADAPT 660 がシステムへの接続や通話を容易にしたことで、Skype for Business への移行が促進されました。 ADAPT 660 がワイヤレスであることも、従業員たちが関わる方法に影響を与え、モビリティと柔軟性が高まりました。

プレミアムサウンド

ADAPT 660 は、音声、音楽、エンターテイメントを強化するサウンドエフェクトモードを選択できます。 テストに参加者の多くが音楽やポッドキャストを聴くためにヘッドセットを使用し、ノイズキャンセリングと高音質の組み合わせでより豊かな体験ができることに気が付きました。

事例をダウンロード