オンデマンド型ウェビナー: IPSOSと EPOS のオーディオに関する課題の洞察

本ウェビナーは、先日開始されたアンケート「サウンドエクスペリエンスを理解する」についてです。 品質の低いオーディオがビジネスにどのような影響を及ぼすか、そして品質の低いオーディオをなくす方法についての洞察を入手できます。

オンデマンドのウェビナー: IPSOSとEPOSによるオーディオの問題点調査察

IPSOSとEPOSによるオーディオの問題点調査

IpsosとEPOSによるウェビナーのオンデマンド版が視聴可能になりました。ウェビナーを見逃した場合や、もう一度見たい場合は、以下のリンクをクリックしてください。音質が悪いとなぜビジネスに影響を与えるのか、それに対処するために、何をすべきかについて考えてください。
ウェビナーでは、「サウンド・エクスペリエンスを理解する」の調査内容についてご説明しています。 音質の悪いオーディオが、ビジネスにどのように影響しているか、そして音質の悪いオーディオを排除するために何ができるかについて考えます。

IpsosとEPOSによるウェビナーを視聴する

この瞬間にも、低品質のオーディオ・ソリューションのために、世界中の企業が貴重な時間とお金を失っています。 実際、グローバル市場調査会社のIPSOSとハイエンド・オーディオ・ブランドのEPOSによる調査によると、100人を超える従業員を雇用している企業は、年間7万ドル以上の収益を失うリスクがあることがわかりました。

全レポートのダウンロードは、こちらから

以下から連絡させていただきます:

ソーレン・アンドレアセン

IPSOSの市場戦略および市場把握担当責任者

ソーレンは、市場調査において12年以上の経験があり、消費者ベースの知識とブランド戦略で、グローバルなクライアントをサポートしています。 ソーレンは、金融、技術、電話会社での豊富な経験があります。

ラース・リイス・ラスムッセン(Lars Riis Rasmussen)

EPOSのエンタープライズ、グローバルセールス担当シニア副社長

25年の業界経験を持つラースは、国際的な販売において強力なバックグラウンドを持っています。 ラースはシニア管理チームに所属し、戦略的、戦術的、運用レベルですべての販売活動のグローバルな計画と実行を統括しています。 キャリアの早い段階で、Bang&OlufsenやAtmel Corporationなどの他の国際的なテクノロジー企業に勤務していました。

ジェーン・クレイブン(Jane Craven)

EPOS英国のセールス・ディレクター

ジェーンは、20年前にTelewest CommunicationsでITおよびテレコム業界でキャリアを開始し、それ以来、Rocom / Nimansのコーポレート・セールス責任者など、いくつかの主要企業で管理職を歴任し、ヘッドセット業界の優れた知識を得ました。