EPOS が eスポーツで Riot Games とのパートナーシップを発表

2020年6月4日、シドニー - EPOS高性能オーディオ・ソリューションとテクノロジーの世界的なパイオニアである EPOS は、この地域の主要なeスポーツ・リーグであるオセアニック・プロリーグ (OPL) の公式オーディオ・パートナーとして、Riot Gamesとのパートナーシップを発表しました。

EPOS でゲームのグローバル・マーケティング担当の Maja Frølunde Sand-Grimnitz は次のように述べています。「EPOSは人間の可能性を高め、優れたオーディオ・ソリューションでゲームを別次元のものにすることを目指しており、ライアット・ゲームズと協力できることを大変うれしく思っています。 OPL とのパートナーシップにおいて115 年のオーディオの専門知識を活かし、最先端のオーディオ・デバイスを提供し、関係者全員に高品質のオーディオ体験を届けることで、リーグに貢献したいと考えています。」


ライアットゲームズでオセアニア担当の Daniel Ringland は、「スプリット1 では OPL は継続的に素晴らしい成長を遂げました。OPL をサポートし、強化するオフィシャルパートナーとして EPOS を迎えることを非常にうれしく思っています。 ビジネスとして、その分野のリーダーと協力したいと思っていました。オーディオに関して、EPOS は素晴らしい技術と製品があり、リーグに優れたオーディオ・パフォーマンスが提供されるはずです」
新型コロナウィルスの世界的拡大による困難な状況にも関わらず、OPL はスプリット1 (1月31日から4月24日) で優れた視聴者数の増加を経験し、試合当日のローカル平均視聴者数はシーズン全体で116%増加し、スプリットの最終月にはピーク時に239%の成長を遂げました。


EPOS は、リモートプレイにおいて、オーディオ品質と明瞭さがチームのダイナミックにとってこれまで以上に重要である、またとないタイミングでリーグに参加します。 EPOS とライアット・ゲームズは、パートナー関係において密接に協力し合い、優れたオーディオ体験を提供し、OPL ファンと関わる新しい方法を模索します。
OPL のスプリット2 は、watch.lolesports.com で6月5日金曜日の午後4時AESTに開始されます。8 チームが地元のタイトルを争い、今年後半に中国で開催される 2020 リーグ・オブ・レジェンド世界選手権への出場権を獲得します。

EPOS について
EPOSは、ビジネス・プロフェッショナルやゲーム・コミュニティ向けのデバイスを開発、販売する、オーディオおよびビデオのソリューション企業です。 デンマークを拠点とする企業であり、最先端のテクノロジーに基づいて、デザイン、テクノロジー、パフォーマンスを最重要パラメータとして、ハイエンドのオーディオおよびビデオ・ソリューションを提供しています。


EPOS は、ゼンハイザー・エレクトロニクスとデマントにより、ジョイント・ベンチャーとなるゼンハイザー・コミュニケーションズという事業セグメントとして設立されました。 EEPOSは、新しい独自ブランドの製品ラインの導入に加え、EPOS I SENNHEISERとして共同ブランド化された、現在のSennheiser Communications(ゼンハイザー・コミュニケーションズ)の製品ラインを引き続き販売しています。


EPOS は、世界をリードするオーディオ、聴覚技術グループ「Demant Group(デマント・グループ)」の一員です。 このように、イノベーションとサウンドで培ってきた 115 年以上の経験が活かされています。
デンマークのコペンハーゲンに本社を置く EPOS は、30ヶ国以上にオフィスとパートナーを持ち、グローバル市場で事業を展開しています。
詳しくは、www.eposaudio.com をご覧ください。


Oceanic Pro League (OPL) について
League of Legends ( リーグ・オブ・レジェンド) は、毎月1億人以上がプレイする世界最大の PC ゲームです。 オセアニック・プロリーグ (OPL) は、リーグ・オブ・レジェンドの国内プロ eスポーツ・リーグであり、2つのスプリット(シーズン)で毎週8チームが対戦し、勝者は世界最高の大会に進出ます。


OPL の主要情報:
➢ OPLは、オーストラリア/ニュージーランドにおいて試合日あたり平均41,000人のユニーク視聴者数を記録
➢ Split 1 ファイナルの試合日あたりのオーストラリア/ニュージーランドにおけるユニーク視聴者の平均は65,000人に到達
➢ OPL の視聴者の 90% 以上が 18〜35歳の若者
➢ Split 2 は6月5日(金)に開催。このSplitの勝者は2020年10月/11月に上海で開催される世界選手権に参加
➢ EPOS は既存パートナー McDonalds および Neosurf と参加
➢ 2019年のリーグ・オブ・レジェンド世界大会のハイライトはこちらから閲覧可能


ライアット・ゲームズについて
ライアット・ゲームズは、2006年に設立され、世界で最もプレーヤーに焦点を当てたゲームを開発、公開、サポートしています。 2009年、ライアット・ゲームズは、デビュー・タイトル「リーグ・オブ・レジェンド」で世界的に高い評価を得ました。 リーグは、世界で最もプレイされた PC ゲームであり、eスポーツの爆発的な成長の重要な原動力となっています。
リーグが20年目を迎えるライアット・ゲームズは、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『チームファイト・タクティクス』、『リーグ・オブ・レジェンド: ワイルド・リフト』、および複数の開発中タイトルで、プレーヤーに新しい体験を提供しながら、ゲームを進化させ続けています。 また、音楽、コミック、ボードゲーム、および今後公開予定のアニメ・シリーズ『Arcane』に渡り、マルチメディアプロジェクトを通してルーンテラの世界を作り出しています。
Brandon Beck と Marc Merrill が設立し、CEO Nicolo Laurent が統括するライアットは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置き、世界中の20以上のオフィスに2,500以上のライアターがいます。