EPOSはIGEL Technologyとチームを組み、組織間のコラボレーションとコミュニケーションを強化します。

2020年10月8日: プレミアム・オーディオ・ブランドであるEPOS(Demantグループの一員)は、本日、組織間で質の高いコラボレーションとコミュニケーションを実現するため、サーバーベースのコンピューティングとデスクトップ仮想化のソリューションの分野で業界をリードする国際企業であるIGEL Technologyと提携することを発表しました。

リモート業務の重要性がますます高まり、クラウドベースのサービスを介して、日常業務でモバイル・デバイスを活用するプロフェッショナルが増えるにつれ、現代的な職場におけるシン・クライアントは将来ますます増加するでしょう。 シン・クライアントは、ハードウェアを合理化し、特定のタスクに対して特定のプログラムを実行できるため、安全性と管理性が高く、銀行、金融、保険サービス、医療、政府、教育などのセクターにおいて、機密データを扱う大規模な組織で使用されています。 これらのセクター内の需要に対応し、プロフェッショナル間の最適なコミュニケーションとコラボレーションを実現するために、オーディオ・ブランドのEPOSは、サーバーベースのコンピューティングとデスクトップ仮想化のソリューションを提供する、国際的な大手企業であるIGEL Technologyと新しく提携することを発表しました。

IGEL OSオペレーティング・システムを介してLinuxシン・クライアントを活用している企業は、EPOS Device Managementをオペレーティング・システムに統合して、EPOSオーディオ・デバイスのシームレスな最適化と管理を行うことが可能になります。 EPOS Device Managementは、シン・クライアント用の2つの相互接続されたオーディオ・デバイス管理ソリューション(EPOS ConnectとEPOS Manager)で構成されており、どちらもVDIソリューションと互換性があり、IT管理者は組織のオーディオ・デバイスを一元的に最適化および更新できます。

クライアント・アプリケーションEPOS Connectの専用バージョンがIGEL OSに統合されており、Universal Management Suite(UMS)を介して有効にすると、IT管理者はEPOS Managerをダウンロードおよびインストールすることができます。 EPOS Managerは、無料のクラウドベースのIT管理ツールであり、組織全体を通じたオーディオ・デバイスの管理、構成管理、およびファームウェア更新を一元的に実行できるため、完全な制御が保証されます。

EPOS Device Management

EPOS Connectは、シン・クライアントにインストールまたは統合可能なクライアント・アプリケーションです。 EPOSのヘッドセットとスピーカーフォンがソフトフォンとシームレスに連携し、従業員は最新のファームウェア・アップデートと個人に特化した設定にアクセスできます。 VDI環境のエンドポイントにEPOS Connectをインストールすると、直感的なユーザー・インタフェースを介して、EPOS ManagerでEPOSオーディオ・デバイスを管理できます。

EPOS Managerは無料のクラウドベースのIT管理ソリューションであり、IT管理者は、組織内のシン・クライアントに接続されたEPOSヘッドセットとスピーカーフォンの設定をどこからでも管理、更新、構成できます。 EPOS Managerを使用することで、IT管理者は、安全かつ分析的なオーディオ・デバイス管理フリーウェアを使用して、さまざまな場所でビジネスを最適化できます。 IT管理者の条件で最新のファームウェア・アップデートを確実に実装し、会社のパフォーマンスを向上させ、ダウンタイムを最小限に抑えます。

IGEL と EPOS の詳細はこちらから。

EPOS について

EPOSは、ビジネス・プロフェッショナルやゲーム・コミュニティ向けのデバイスを開発、販売する、オーディオおよびビデオのソリューション企業です。 デンマークを拠点とする企業であり、最先端のテクノロジーに基づき、デザイン、テクノロジー、パフォーマンスを最重要パラメータとして、ハイエンドのオーディオおよびビデオ・ソリューションを提供しています。

EPOS は、ゼンハイザー・エレクトロニクスとデマントにより、ジョイント・ベンチャーとなるゼンハイザー・コミュニケーションズという事業セグメントとして設立されました。 EPOSは、新しい独自ブランドの製品ラインの導入に加え、EPOS I SENNHEISERとして共同ブランド化された、現在のSennheiser Communications(ゼンハイザー・コミュニケーションズ)の製品ラインを引き続き販売しています。

EPOS は、世界をリードするオーディオ、聴覚技術グループ「Demant Group」(デマント・グループ) の一員です。 このように、イノベーションとサウンドで培ってきた 115 年以上の経験が活かされています。 デンマークのコペンハーゲンに本社を置く EPOS は、30ヶ国以上にオフィスとパートナーを持ち、グローバル市場で事業を展開しています。

詳しくは、www.eposaudio.com をご覧ください

IGELについて

IGELは、クラウド・ワークスペース向けの次世代エッジOSを提供しています。 IGEL OS™、IGEL UD Pocket™(UDP)、およびIGEL Universal Management Suite™(UMS)など、同社のソフトウェア製品は、世界をリードしています。 これらのソリューションは、ほぼすべてのx86デバイスにおいて、より安全で管理しやすく、費用効果の高いエンドポイント管理・制御プラットフォームを構成することができます。 IGELソフトウェアは、Workspace EditionとEnterprise Management Packという2つの機能豊富なソフトウェア製品として簡単に入手でき、優れた投資価値を実現します。

さらに、ドイツで設計されたIGELのエンドポイント・ソリューションは、業界最高のハードウェア保証(5年)、ソフトウェア・メンテナンス(寿命終了後3年)、および管理機能を提供します。 IGELを使用することで、企業は、既存のエンドポイント・デバイスの耐用年数を延長すると同時に、単一のダッシュボード・インタフェースからIGEL OSを実行するすべてのデバイスを正確に制御することで経費を節約できます。 IGELは世界中にオフィスを構え、代理店は50ヶ国以上にあります。

IGELの詳細については、www.igel.comをご覧ください。