IMPACT SDW 5000 のセキュリティ

本ホワイトペーパーは、EPOS トリプルコネクティビティ DECT ヘッドセットシステム、IMPACT SDW 5000 シリーズのセキュリティレベルについて説明しています。

はじめに、DECT テクノロジーと DECT セキュリティ証明プログラムについて説明しています。 次に、「ペアリング」、「通話ごとの認証」、「暗号化」で構成される DECT セキュリティ対策の概要と、DECT セキュリティ証明のメリットについて説明しています

EPOS は無線経由ではなく、IMPACT SDW 5000 ベースステーションの充電ターミナル経由で機密のペアリングデータを転送するペアリング保護プロセスを採用しています。 ペアリングプロセスのセキュリティは、AES-128 ビットのキーを使用する認証アルゴリズム(DSAA2)によってさらに強化されています。 この強化されたアルゴリズムを導入することにより、IMPACT SDW 5000 シリーズは DECT セキュリティレベルのステップ B に到達しました。 ステップ B によって、DECT セキュリティステップ A のみを導入した DECT 製品よりも IMPACT SDW 5000 シリーズのセキュリティがより一層高まりました。通話ごとの認証は、各通話の前にヘッドセットとベースステーションを相互に認証します。 音声データの暗号化は早期の暗号化とキーの再作成によって強化されます。この 2 つの機能は DECT セキュリティ証明には必須で、本ホワイトペーパーで詳しく説明されています。

また、ベースステーションで GAP モードをサポートしないことにより、セキュリティがさらに向上しています。 EPOS は DECT セキュリティ証明プログラムで認証された、GAP モードをサポートしない初めておよび唯一のメーカーです。

最後に、本ホワイトペーパーはソフトウェアアプリケーション EPOS Manager 経由で制御可能なその他のセキュリティ対策を紹介しています。 IT 管理者は、会議モード、通話の結合、またはベースステーションの USB ポートを無効にできます。 結果的に、侵入者は通話や Bluetooth® 制御環境を盗聴できなくなり、ベースステーションの USB ポートを不正使用する攻撃を防止することができます。

フォームを入力してホワイトペーパーをダウンロード

はい、EPOSから製品、特別オファー、イベント、コンペティション、招待、ニュースなどに関するマーケティングコンテンツをEメールで受け取ることに同意します。 この同意は、メッセージの取り消し用リンクからいつでも撤回できます。 当社がお客様の個人情報をどのように取り扱い、保護するかについては、当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

本連絡フォームに入力された個人データは、お問い合わせに対応し、これに関係してお客様にご連絡するための目的のみにおいて、EPOS Group A/Sによって使用されます。弊社は、GDPR第6条(1)(f)にしたがってお客様の個人データを処理する権利を有します。 お客様の個人情報は、連絡とお問い合わせの対応に必要な期間だけ保存されます。 詳細は、当社ウェブサイトのプライバシーポリシーをご覧ください。*