Powered by Audio(EPOSのポッドキャスト)

オーディオは、技術によってどのような体験をもたらしているのでしょうか?

お気に入りのストリーミング・サービスからの「ダダーン!」といったサウンドから、メッセージング・アプリの「ピン」という音まで、サウンドは私たちのオンライン体験を形作ります。

私たちはオンラインでコミュニケーションし、買い物をし、娯楽を見つけます。 それが21世紀で世界を体験する方法です。 オフラインの活動と同じように、オンラインでの体験も常に音を伴います。 お気に入りのストリーミング・サービスからの「ダダーン!」といったサウンドから、メッセージング・アプリの「ピン」という音まで、サウンドは私たちのオンライン体験を形作ります。 このエピソードでは、Randiがこのようなサウンドの専門家と、ソニック・ロゴのデザインについて話をします。

音の知覚と聴覚学(人間が音をどのように知覚するか)に関する広範な科学的研究があります。音響心理学として知られている分野です。 これは、オーディオに関する仕事をしている多くの人が活用する分野であり、サウンドに特定の感情的なクオリティを加えることができます。 音響心理学の理解は、ブランドやアプリのサウンド設計の基本にどのような影響を与えるのでしょうか?

エピソード・ゲスト

Scott Simonelli

Veritonic CEO & 共同創立者

Scott氏は、企業がオーディオに関して、データを元に意思決定できるように手助けするためのVeritonicを設立しました。 その独自の調査プロセスにより、Pepsi、Subway、Visa Uuuなどのブランドによるオーディオ・マーケティングが、より効果的に消費者に影響を与えることができるようになっています。 その過程で、Scott氏の研究は、人間がオーディオの多くのバリエーションに対してどのように反応するかを明らかにしました。

Josh Mobley

プロの作曲家、サウンド・デザイナー

Josh はスマートフォン・アプリからの通知音を制作しています。 Mobley氏は、アプリがサウンドを使って注目を集め、維持し、アプリに何度も戻ってくるようにする方法について説明します。

Randi Zuckerberg は、起業家、投資家、ベストセラー作家、受賞歴のある Zuckerberg Media のプロデューサー、設立者、CEOです。 テクノロジーとメディアの交わりに情熱を注ぐ Randi は Facebook の初期従業員で、 Facebook Live の制作者でした。 現在、SiriusXM で毎週開催される技術ビジネスショー「 Randi Zuckerberg Means Business 」を主催しています。

Powered by Audio(EPOSのポッドキャスト)

日常的に耳にする音の背後には、いろいろなストーリーがあります。通知する音、楽しませる音、教育する音、注意を喚起する音、行動に影響を与える音、命を救う音などです。 ホストのRandi Zuckerbergとゲストの皆さんにより、オーディオが私たちの体験をどのように形作っているのか、そして先駆者がどのように未来の音を生み出しているのかを探ります。

当社のEメール・リストに参加する

私たちの新製品、イベント、限定オファーをいち早くお知らせします。 EPOS からの最新情報をお届けする E メール・リストにぜひサインアップしてください。

Yes, I agree to receive customized marketing content by e-mail from EPOS regarding products, special offers, events, competitions, invitations, news, etc. I can revoke my consent at any time via a cancellation link in the message. Read more about how we treat and protect your personal data in our Privacy Policy.

The personal data you enter in this contact form will be processed by EPOS Group A/S solely for the purpose of responding to your inquiry and contacting you in connection herewith, noting that our legal basis for processing your personal data is based on our legitimate interest in accordance with GDPR article 6(1)(f). Your personal data will only be stored for as long as necessary to communicate with you and respond to your inquiry. Further information can be found in the privacy policy.