有線または無線のヘッドセット?

有線または無線のヘッドセット?

ニーズに最適なヘッドセットの選定には、注意が必要です。特に、現在では多くのオプションが用意されているため、注意が必要です。 さまざまなオプションについてご説明します。

ヘッドセットを選定する場合、驚くほど多くの種類があることにお気づきでしょう。無線更新、オンザイヤー(イヤーカップを当てるが、耳を包まないスタイル)、ノイズ・キャンセリング、無線、有線など、さまざまな用語があり、さらなる説明が必要です。

それでは、どのようにしてベストなヘッドセットを選んだらよいのでしょうか。

そもそも、ベストなヘッドセットというものは存在しません。それは、使用状況とニーズによって異なります。電話する時間の長さ、仕事の内容、オープン・オフィスで作業するか、どのような電話を使用しているのか、これらすべての要因が選定において影響します。

しかし、まず有線ヘッドセットにするか、無線ヘッドセットにするかに絞ります。そのためには、それぞれにおける作業スタイルを検討する必要があります。

デスクでほとんどの時間をデスクで過ごす場合、デスクワーカーとして位置付けられます。多くの場合、顧客、同僚、またはその他の利害関係者と電話します。デスクフォンを最も使用しているかもしれませんが、Microsoft TeamsまたはSkype for Businessも日常業務の一部です。あなたにとって明瞭なオーディオが何よりも重要です。「何ですか? もう一度言っていただけませんか?」という言葉があります。発信者の声のトーンのわずかな変化を感じるだけで、仕事に大きな違いがでることがあります。機器について心配する必要はありません。電話とお客様に集中するだけです。

このような状況が当てはまる場合は、有線ヘッドセットが適切ではないでしょうか。

有線のヘッドセットは、無線のヘッドセットに比べ、優れたオーディオ品質があり、さらに無線信号によるノイズのリスクが抑えられます。このように、優れたオーディオ性能が得られます。 同時に、プラグアンドプレイなので、有線ヘッドセットはすぐに使用できます。デバイスをセットアップし、接続するために貴重な時間を無駄にすることがありません。

外出が多い場合、ほとんどの時間は外出(車、公共交通機関)しており、さまざまな会議を掛け持ちしています。会議の合間の時間を活用できることは、あなたにとって非常に重要です。そのため、PCと携帯電話の両方でオフィスや外出先から簡単に電話をかけられるデバイスが必要です。電話でやりとりしながら、さまざまな場所にすばやく移動できなければなりません。

または、廊下を行き来する機会の多い従業員もいるでしょう。オフィスでは、ほとんどの時間、デスクと会議の両方で働いています。オフィス・ビルの廊下を頻繁に行き来するため、廊下を歩きながら会話できるデバイスが必要です。

どちらの場合も、無線のヘッドセットの方が適しています。

無線ヘッドセットを使用すると、コードが絡まることなしに、自由に歩き回ったり、走ったりすることができます。しかも、明瞭な話しかけ、聴き取りが可能です。最近のほとんどのデバイスはBluetooth対応であるため、無線ヘッドセットを携帯電話とPCの両方に簡単に接続できます。