サウンド体験を理解する

最後に参加した電話会議、お客様や同僚との通話を思い出してください。 相手の言葉をはっきりと聞き取ることができましたか? 音声が悪いために、相手に言ったことを繰り返してもらうように頼まなければならないというのは共通の悩みです。

世界中の企業や組織で働く人たちが、毎日のように聞き間違いを繰り返しています。 これはイライラや混乱、時間の浪費につながるばかりか、コストもかかる問題です。 実際、「何ですか?」は、ビジネスで最も高価な言葉です。

最近では、自宅でテレワークをする人がますます増えており、同僚などとのコラボレーションを強化するため、集中力と生産性を維持するのに優れたオーディオ・ツールに大きく依存するようになってきています。 オープン・プラン・オフィス時代の始まりです。コラボレーションには最適ですが、気がを散るらす要因が数多く潜んでいます。 グローバル市場調査会社IPSOSとハイエンド・オーディオ・ブランドのEPOSによる最新の調査によると、エンドユーザーと意思決定者のほとんどすべて(95%)が、少なくとも1つの聴覚上の問題点を定期的に経験しています。

テクノロジーが普及し、従来型の仕事のスケジュールや場所が変化している今日の仕事の世界では、通話、電話会議、テレビ会議が増えています。 しかし、現時点では、これらのコミュニケーションチャネルのエンドユーザーの不満トップ 3 にあげられる「バックグラウンドノイズ (42%)」、「聞き返される (34%)」、「繰り返すように頼む必要がある (34%)」などの欠点がないわけではありません。 調査したエンドユーザーの 87% が、オフィスや自宅での仕事における通話中の音質の悪さによる問題を少なくとも 1 つは経験したことがあると回答しています。

このような音質の問題は生産性低下につながります。 実際に、音質の悪さが原因で、平均して週に29分を無駄にしています。 フルタイムの従業員の場合、これは年間で 3 日以上の時間の無駄に相当するものであり、生産性の損失は雇用主から見て大きくコストに影響を与えるものです。

レポートをダウンロード

サインアップすると、 EPOS のニュースレターが配信されます。