サウンド体験を理解する

直近の会議通話、お客様や同僚から電話がかかってきた時のことを思い出してみてください。 相手の言葉をはっきりと聞き取ることができましたか? 音声が悪いために、相手に言ったことを繰り返してもらうように頼まなければならないというのは共通の悩みです。

世界中の組織で働く人々は、日常的にお互いの声を聞き違えていますが、その原因はオーディオ品質の悪さにあります。 これは、不満や混乱、時間の浪費につながるばかりでなく、コストもかかってしまいます。 実際、今日のビジネスにおいて「何とおっしゃいました? 」と聞き返す言葉は最もコストのかかる言葉の一つになっています。

在宅勤務がますます増えており、同僚や他者とのより良いコラボレーションのため、集中力と生産性を維持するための優れたオーディオ・ツールとコラボレーション・ソリューションに大きく依存するようになっています。 オープンプランのオフィスが増えてきました。コラボレーションには最適ですが、気が散ってしまうこともあります。 グローバル市場調査会社の IPSOS と ハイエンド・オーディオ・ブランド のEPOS による新しい調査によると、エンドユーザーと意思決定者のほぼ全員 (95%) が、少なくとも 1 つの聴覚的な苦痛を定期的に経験しています。

よくある苦情は、大声の同僚に邪魔される (50%) 、職場環境の全体的な騒音レベル (48%) 、同僚に仕事を中断させられる (46%) などがあります。 この調査結果は、オーディオ機器のエンドユーザーおよび意思決定者2,500人を対象にした、EPOSのサウンド・エクスペリエンスを理解する調査で明らかになったもので、75%以上が200人以上の組織に所属しています。

テクノロジーの普及や、従来の仕事のスケジュールや場所の進化により、現代の仕事の世界で行われる通話、電話会議、会議通話の量も増加しています。 しかし、現在のところ、これらのコミュニケーション・チャネルにはマイナス面もあり、エンドユーザーは、周囲の騒音(42%)、繰り返し言わなければならない(34%)、もう一度言ってもらう必要がある(34%)などを不満のトップ3に挙げています。 調査対象となったエンドユーザーの87%が、オフィスでも自宅でも、通話時の音質の悪さによる苦痛を少なくとも1回は経験しています。

このようなオーディオの問題は、生産性の低下につながります。 実際、通話音質が悪いために、エンドユーザーは平均して週に 29 分を無駄にしています。 平均的なフルタイム労働者の場合、これは3日強の損失に相当し、雇用者の観点からすると、この生産性の損失はコスト面で大きな影響をもたらします。

レポートのダウンロード

はい。 EPOS から製品、特別オファー、イベント、コンテスト、招待、ニュースなどについて、カスタマイズされたマーケティングコンテンツをメールで受信することに同意します。 同意は、メッセージの取り消しリンクを使用していつでも取り消すことができます。 個人情報の取り扱いと保護については、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください

この連絡フォームに入力された個人データは、お客様のお問い合わせに回答し、それに関連して連絡する目的のみで EPOS Group A/S によって処理されます。個人データを処理する弊社の法的根拠は、 GDPR 第 6 条 (1)(f) に従って弊社の正当な利益に基づきます。 お客様の個人データは、お客様に連絡し、お客様のお問い合わせに対応するために必要な期間のみ保存されます。 詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。