ワイヤード、それともワイヤレス?

あなたのサウンド環境をコントロール

にぎやかなバックグラウンドノイズはオープンオフィスでは避けられませんが、 技術の進化により、この問題を改善する方法が生まれました。

デスクの隣で同僚たちが最新の販売報告書について話し合っているときに、集中が散漫になったことはありませんか? カフェで作業している最中に、周囲のおしゃべりで生産性が落ちたことはありませんか?または、国際線の機内で予算計画書に頭を悩ませているときに、あなたの後ろで赤ちゃんが泣きだしてしまったことはありませんか? 

バックグラウンドノイズで何らかの影響を受けた経験は誰しもあります。 ストレスが溜まって、健康に悪い影響を及ぼす可能性もあります。 また、作業が中断して注意散漫になり、結果的に集中力の低下で生産性に影響を及ぼす可能性もあります。 オープンオフィス環境で働く現代のワーカーにとっては特に、周囲の音は有害になり得るのです。 これが、アクティブノイズキャンセリング(ANC)および ANC ヘッドセットが重宝される理由です。 

しかし、一歩離れてみましょう: ノイズ・キャンセルとは何でしょう?

. 一般的に言って、これは不要な音を減らす方法です。現在、不要な音を減らす方法はいくつかありますが、アクティブ・ノイズ・キャンセレーションはその1つです。 しかし、最も基本的なものである、パッシブ(受動的)ノイズ・キャンセレーションから始めましょう。

パッシブ(受動的)ノイズ・キャンセレーション

– ノイズ・アイソレーションとも呼ばれ、周囲のノイズから耳を保護する最も基本的な方法です。 自宅にある古いヘッドフォンでさえ、なんらかのパッシブ・ノイズ・リダクションが備わっています。 それは、耳を覆うことで周囲のノイズの少なくとも一部をブロックします。 もうお分かりですね – イヤーパッドが厚いほど、パッシブ・ノイズ・キャンセレーションが機能します。

もちろん、パッシブ・ノイズ・キャンセレーションは、周囲のノイズのある一定量のみを低減します。 音の高い周波数のみが低減され、低い周波数は通過します。

アクティブ(能動的)ノイズ・キャンセレーション

ここで、アクティブ・ノイズ・キャンセレーションがその利点を発揮します。 アクティブ・ノイズ・キャンセリング・ヘッドセットは、パッシブ・タイプと違いはありませんが、ノイズ低減のレベルをさらに上げるという利点があります。 どのように? 大きさは同じでも極性が反対の音である「アンチノイズ」を生成することにより、周囲のノイズと対比させ、最小化します。 このようにして、低い周波数の音波も低減させます。

しかし、それだけではありません。

アクティブ・ノイズ・キャンセルは、3つの方法で実装しています。 フィードフォワード、フィードバック、ハイブリッド・アクティブ・ノイズ・キャンセルです。

イヤーカップの外側にマイクを配置するで、フィードフォワード・アクティブ・ノイズ・キャンセルが機能します。 マイクは早い段階で周囲の騒音を検出し、それを打ち消すアンチノイズを生成します。 

フィードバック・アクティブ・ノイズキャンセルでは、マイクはイヤーカップ内に配置されます。 アンチノイズは、パッシブ・ノイズ・キャンセルを通過した、周囲の騒音と対比するために生成されます。

ハイブリッド・アクティブ・ノイズ・キャンセルは、言葉が示すように、フィードフォワードANCとフィードバックANCの混合です。 各イヤーカップの内側と外側のマイクを使用することで機能します。 このように、イヤーカップ外側の周囲の騒音が認識され、この騒音を打ち消す、アンチノイズが生成されます。 内側のマイクは、漏れ込むアンチノイズを検出し、そのレベルが一致するように調整します。不要なノイズが耳に届く前に中和します。 これにより、より広範囲で優れたノイズ・キャンセルが可能になります。 これにより、より広範囲で優れたノイズ・キャンセルが可能になります。 

しかし、それだけでは十分ではありません。 EPOSでは、先駆的なオーディオ・テクノロジーで完璧なオーディオ体験を目指しています。

さらに高度なハイブリッドANCテクノロジーである、Adaptive ANCに自信があるのはそのためです。EPOSのハイブリッド・アクティブ・ノイズ・キャンセレーション技術に、「アダプティブ(適応型)」を追加しています。これは、常に周囲の環境をモニタリングし、周囲の騒音をシームレスに調整して、必要な場所とタイミングで適切なレベルで抑制します。