オープン・オフィスのエチケットと基本ルール

今日、オフィスの70%はオープンプラン(間仕切りのない環境)です。これは、システムが無条件に成功する可能性があります。

オープン・オフィスが生産的で、人気があり、経済的にも有利な作業環境でなければ、圧倒的多数の企業で採用されなかったでしょう。

しかし、事実はそうシンプルではありません。

. 私たちの多くにとって、オープン・オフィスは騒がしく、気が散るため、仕事での満足は得られにくくなっています。また、理論的にはオープン・オフィスは対面式であり、やり取りが促進されますが、多くの場合、実際には裏付けられていません。

それどころか。 多くの人にとって、オープン・オフィスのプライバシーの欠如は、ストレスの原因となる不快感を引き起こしていると見なすことができます。 「パーソナル・スペース」に対する期待と要件は人それぞれです。

複数の研究では、これが生産性に影響を及ぼすことを示唆しています。 そして肝心なのは、オープン・オフィスが全体的な作業パフォーマンスに影響を与える可能性があるということです。 それは、経済的に健全な戦略ではありません。オープン・オフィスの理論と実践を調整する必要があります。実際に、オープン・オフィスで働いている当社の従業員は、その解決策を見つける必要があります。幸い、それほど難しくありません。

注意事項

他者の迷惑になる行動を意識し、 快適な職場にするよう心掛けることが大切です。

音量を考慮しましょう。

大きな声で通話したり、音楽やコンテンツを大音量で視聴したりすることは、他者にとっては迷惑になり得ます。

空間を考慮しましょう。

臭いがキツイ食べ物やハンドクリームは、他者にとっては不快になり得ます。 靴も脱がずにきちんと履けば、悪臭が漂うなんてこともなくなります。

パーソナルスペースを考慮しましょう。

無意識でデスクをドラムのように叩いたり、貧乏ゆすりをしたりすることは 20 世紀前半のプライベートオフィスでは許されていましたが、現代のオープンオフィスではほかの従業員の邪魔となり、不快にさせてしまいます。

持ち物を考慮しましょう。

ほかにもオープンオフィスで一般的に不快な要素となるのは、ほかの従業員のデスクを観察するようにチェックしたり、個人の持ち物をオフィスの至る所に置いたままにしたりすることです。 所持品はロッカーやデスクの引き出しに入れて整理しましょう。

他の人の行動を尊重する。

ほかの従業員がノイズキャンセリング効果のあるヘッドホンを着けている場合は、話しかけずにメッセージやメールを送信しましょう。 話しかけられてからまた集中力を取り戻すには、少なくとも数分間はかかります。

他者のプライバシーを尊重する。

オフィスを歩き回って、ほかの従業員のモニターをチェックすることはマナー違反です。

他者の健康を尊重する。

体調がすぐれない場合は、リモートからの作業を検討してください。 このような場合、オープンオフィスで働くことは適していません。

さらに入念に 快適なオープンオフィスであっても、より作業しやすくするための対策が必要です。

Icon_white

騒音の中でも集中力を維持。

集中力を高めるための ポモドーロテクニックのような方法は、時間管理と集中力の維持に役立ちます。

Icon_white

オフィスの状況を読み取る。

実用的なオープンオフィスでは、さまざまな業務が至る所で行われています。 デスクミーティングはほかの従業員の気が散るため、一対一で会話できる場所を見つけましょう。 電話会議、集中力のいる作業、堅苦しくない作業をするための場所をそれぞれ指定することをおすすめします。

Icon_white

速やかに対処する

作業を中断させる要因が周りにある場合は、無視せずに速やかに対処しましょう。

… 高い順応性

働きやすいオープンオフィスを作るカギは、業務に集中するときと、コミュニケーションを図るときのバランスを見つけることです。 オープンオフィス向けに設計されたオーディオツール がこれをサポートします。 周囲の騒音を遮断して通話を明瞭にする ヘッドセットです。 アクティブノイズキャンセリング効果のあるヘッドホン は混雑した騒がしい場所でも高音質を提供するため、集中して業務に取り組むことができます。業務の邪魔をしないよう、周りの人達からの理解も得られるはずです。 さらに、 EPOS Busy Light を デスクに置けば、あなたが忙しいかどうかを失礼のない方法で周囲に知らせることができます。 ご利用のスマートフォンや通信チャネルと同期することも可能です。