音質の悪さはビジネスに悪影響を及ぼす

未来の働き方には、コラボレーションを促進するソリューションが、、一層重要になっています。EPOSは 優れたサウンドで人の潜在能力を引き出すことを使命としています。

音質の悪さは依然としてビジネスに悪影響を及ぼす

EPOS は、2020年にグローバルビジネスにおいて、最も代償が高くつく言葉の特定に取り組みました。 その言葉とは「何ておっしゃいました?」です。 1年経った現在も、「今なんて?」は、職場の効率性に悪影響を及ぼし続け、音質の悪さはビジネスの貴重な時間と費用損失の原因となっています。

ビジネスにおける最も高い代償を払う言葉は 「何て言いました ? 」

EPOS社が毎年依頼している2021年のIpsos社のレポートは、グローバルな労働力のサウンド体験を真に理解するための継続的な取り組みの一環となっています。 2021 年の調査では、ビジネスリーダーの 83% が、低品質のオーディオを過去 12 か月間の主な課題のひとつとして特定していることが明らかになりました。 顧客との取引を失うことは、ビジネスにとって経済的負担となっています。これはすべて簡単で回避可能なコミュニケーションミスによるものです。

バーチャルコラボレーションが新しい運用標準となる中、競争上の優位性を獲得するためのツールを組織に導入することが、かつてないほど急務となっています。

2021 年のレポートで詳しく見る

コミュニケーションの誤りは重大な結果をもたらします

エンドユーザーは、音声やビデオ通話の音質が悪いために、平均して週に 31 分も無駄にしています。 単純な音声によるコミュニケーションの誤りは、費用がかかる追加作業や生産性の低下を招き、ビジネスに深刻な影響を与えます。

優れたサウンドで個々の可能性を引き出す

オーディオ技術がうまくいかないと、その結果は組織全体に広がってしまいます。 EPOS では、優れたサウンドを提供するツールがあれば、個人とチームがより多くのことを達成し、パフォーマンスを向上させ、可能性を最大限に引き出すことができると信じています。

サウンド・エクスペリエンスに関する 2021 年のレポート全文をダウンロード

はい。 EPOS から製品、特別オファー、イベント、コンテスト、招待、ニュースなどについて、カスタマイズされたマーケティングコンテンツをメールで受信することに同意します。 同意は、メッセージの取り消しリンクを使用していつでも取り消すことができます。 個人情報の取り扱いと保護については、弊社のプライバシーポリシーをご覧ください

この連絡フォームに入力された個人データは、お客様のお問い合わせに回答し、それに関連して連絡する目的のみで EPOS Group A/S によって処理されます。個人データを処理する弊社の法的根拠は、 GDPR 第 6 条 (1)(f) に従って弊社の正当な利益に基づきます。 お客様の個人データは、お客様に連絡し、お客様のお問い合わせに対応するために必要な期間のみ保存されます。 詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。