EPOSがAlcatel - Lucent Enterpriseソフトフォンクライアントとデスクフォンの追加認証を発表

デンマーク、コペンハーゲン– 2020年1月21日–プレミアムオーディオ・ソリューション企業EPOS (デマント・グループの一員)は、顧客の業界に特化したコミュニケーション、ネットワーク、クラウド・ソリューションの主要プロバイダーであるAlcatel - Lucent Enterpriseから、ADAPT 360、ADAPT 460、ADAPT 560、ADAPT 660、EXPAND 80の認定を取得しました。 認定を受けた製品はすべて、Alcatel - Lucent Enterprise Soft Phone ClientsとDesk Phonesに通話コントロールの相互運用性を提供します。

EPOSとAlcatel - Lucent Enterpriseは、認定を受けたEPOSヘッドセットとAlcatel - Lucent Enterpriseの間で互換性テストを完了し、最も効果的な相互運用性が保証されています。 これらは、Alcatel - Lucent Enterprise認証ガイドラインに従ったものです。 デバイスは、音声および通話制御機能ならびにAlcatel - Lucent Enterpriseソフトフォンクライアントとの相互運用性についてテストされ、応答通話、通話終了、ミュート同期、音量制御などの追加機能をサポートします。 Alcatel - Lucent Enterpriseによるこの認定によって、現代のハイブリッドな職場をサポートする認定ヘッドセットと会議用デバイスの完全なポートフォリオが完成します。

互換性テストによる認定は、高品質でユーザーフレンドリーな製品に重点を置く両社の製品を統一するものです。 これは、各分野における品質と相互運用性への相互貢献により、お客様に適応したソリューションを提供するための自然な一歩となっています。 EPOSは、DECTヘッドセットのための、特別なEHSアダプタ・ケーブルを開発しました。このケーブルにより、IPバージョンとTDMバージョンの両方のAlcatel - Lucent Enterprise Desk Phonesとの通話制御の相互運用が可能になります。 IMPACT SDW 5000シリーズとIMPACT DWシリーズ)これらは、Alcatel - Lucent Enterprise Desk Phones ( 4000、8000、8000シリーズ、IPおよびTDMバージョンの両方)に接続できます。
Alcatel - Lucent Enterprise Soft Phone Client製のRainbow™は、クラウドベースの通信プラットフォームで、組織や個人が同僚、ビジネス連絡先、顧客と効率的に接続し、コラボレーションをはかれるよう、EPOS Connectアプリケーションを介した通話コントロールの互換性を提供します。

EPOSのエンタープライズ・ソリューション、製品管理担当副社長であるTheis Moerkは、次のように付け加えます。 「私たちの製品は、新たにStrategic AllianceパートナーであるAlcatel - Lucent Enterpriseからの主要オーディオソリューションの認定を取得しました。 現代のプロフェショナルに、高品質な製品の完全なポートフォリオを提供することは、私たちにとって重要なステップとなります。」

「当社の主な目的は、直感的でシンプルかつ便利な通信ソリューションをお客様に提供することです。 このEPOSとのパートナーシップにより、ミッションはこれまで以上に明確化し、ハードウェアから直接拡張通話制御機能を使用できるようになりました」と、Alcatel - Lucent Enterprise Cloud Business Engineの責任者であるSamuel Tourbotは述べています。

Alcatel-Lucent Enterpriseについて

Alcatel - Lucent Enterprise(ALE)は、あらゆるものをつなぐために企業が必要とする、カスタマイズされた技術エクスペリエンスを提供します。

ALEは、顧客の成功を確実なものにするため、クラウド、オンプレミス、ハイブリッドの柔軟なビジネスモデルでデジタル時代のためのネットワーキング、通信、クラウドソリューションを提供しています。 すべてのソリューションには、セキュリティが組み込まれています。また、運用環境に対する影響は最小限に抑えられています。

Alcatel - Lucent Enterpriseは、100年以上にわたる技術革新により、世界100か国の830,000人以上の顧客から信頼を集めるアドバイザーです。

フランスに本社を置く同社は非公開企業で、世界中に2900社を超える直接のビジネスパートナーを擁し、地域に重点を置き、効果的なグローバル展開を実現しています。

詳細は、www.al-enterprise.comをご覧ください。

LinkedInFacebookTwitterInstagram

EPOS について

EPOS は、ビジネス・プロフェッショナルやゲーミング コミュニティ向けのデバイスを開発・販売する、オーディオおよびビデオのソリューション企業です。 デンマークを拠点とする企業であり、最先端のテクノロジーに基づいて、デザイン、テクノロジー、パフォーマンスを最重要パラメータとして、ハイエンドのオーディオおよびビデオ・ソリューションを提供しています。

EPOSは、Sennheiser Electronic GmbH & Co. KGとDemant A/Sにより、ジョイント・ベンチャーとなるゼンハイザーコミュニケーションズという事業セグメントとして設立されました。 EPOS は、新しい独自ブランドの製品ラインの導入に加え、EPOS I SENNHEISER として共同ブランドとなった、現在の Sennheiser Communications(ゼンハイザー・コミュニケーションズ)の製品ラインも引き続き販売しています。

EPOS は、世界をリードするオーディオ、聴覚技術グループ「Demant Group(デマント・グループ)」の企業であり、 このようなイノベーションとサウンドでの115年以上の経験が基盤となっています。 デンマークのコペンハーゲンに本社を置く EPOS は、30ヶ国以上にオフィスとパートナーを持つグローバル市場で事業を展開しています。

詳しくは、www.eposaudio.com をご覧ください。

プレスリリース全文をダウンロード