ウェビナーのご招待: IPSOSとEPOSによる、オーディオに潜む問題点の解析

このウェビナーでは、最近実施された調査「サウンド・エクスペリエンスを理解する(Understanding Sound Experiences)」について説明します。 劣悪な音声がビジネスにどのように影響しているか、そして劣悪な音声を排除するために何ができるかについて、詳細に説明しています。

この瞬間にも、低品質のオーディオ・ソリューションのために、世界中の企業が貴重な時間とお金を失っています。 実際、グローバル市場調査会社のIPSOSとハイエンド・オーディオ・ブランドEPOSによる新しい調査では、100人を超える従業員を雇用している企業は、年間7万ドル以上の収益を失うリスクがあることがわかりました。

このウェビナーでは、次のような質問を取り上げます:
  • 音質が悪いとどのような問題が生じますか?エンドユーザーと意思決定者が通話や会議に費やす時間はどれくらいですか?
  • 優れたオーディオ機器は、これらの問題を回避するための解決策となり得ますか?
  • オーディオは、世界中のビジネスにどのように影響していますか?
  • 劣悪なオーディオ品質は、従業員のパフォーマンスに影響しますか?
  • 劣悪なオーディオは、ビジネスへの悪影響となっていますか?

高音質のサウンド:

ソーレン・アンドレアセン

IPSOSの市場戦略および市場把握担当責任者

ソーレンは、市場調査において12年以上の経験があり、消費者ベースの知識とブランド戦略で、グローバルなクライアントをサポートしています。 ソーレンは、金融、技術、電話会社での豊富な経験があります。

ラース・リイス・ラスムッセン(Lars Riis Rasmussen)

EPOSのエンタープライズ、グローバルセールス担当シニア副社長

25年の業界経験を持つラースは、国際的な販売において強力なバックグラウンドを持っています。 ラースはシニア管理チームに所属し、戦略的、戦術的、運用レベルですべての販売活動のグローバルな計画と実行を統括しています。 キャリアの早い段階で、Bang&OlufsenやAtmel Corporationなどの他の国際的なテクノロジー企業に勤務していました。

ジェーン・クレイブン(Jane Craven)

EPOS英国のセールス・ディレクター

ジェーンは、20年前にTelewest CommunicationsでITおよびテレコム業界でキャリアを開始し、それ以来、Rocom / Nimansのコーポレート・セールス責任者など、いくつかの主要企業で管理職を歴任し、ヘッドセット業界の優れた知識を得ました。

調査結果からの考察

調査によれば、エンドユーザーと意思決定者の95%が、少なくとも1つの聴覚の問題点を定期的に経験しています。

一般的な不満には、以下が含まれます

  • 大きな声の同僚がいる(50%)、
  • 作業環境の全体的な騒音レベル(48%)
  • 同僚の割り込み(46%)。

これは、オーディオ機器の2,500人のエンドユーザーと意思決定者を対象とした、EPOSの「サウンド・エクスペリエンスを理解する(Understanding Sound Experience)」で明らかにされています。