Maria Agdrup Hücheに話を聞いてみましょう

プロフィール

名前 :

Maria Agdrup Hüche(マリア・アドラプ・フーシェ)

役職:

プロセス開発マネージャー

学歴:

MB(電子工学)、BA(eコマース、サプライチェーン、ロジスティクス)

部署:

グローバルオペレーション

私の仕事

私は、2018年、中国での生産に責任を持つ製造責任者としてスタートしました。 その後、私は、会社分割プロジェクトの一環として、SennheiserからEPOSへ向けた新事業領域の移行を担当するリーダーとなりました。 これには、プロセスの設計、サプライチェーン全体の確立、当社のITシステムとの統合が含まれました。 現在、私はグローバルオペレーション全体のプロセス開発を担当し、チームマネージャーによる効果的で無駄のないプロセスの開発、サプライチェーンの改善、ITツールボックスの最大限による活用をサポートしています。

何が原動力となるのか

興味深いプロジェクトは数多くあり、また今後もさらに多くのプロジェクトが予定されています。 プロジェクトはそれぞれ異なっており、1日の終わりには、自分が同僚と会社の役に立てたことを実感できる日々です。

EPOSを優れた職場にしているのは何か

EPOSで働くことの中でも最も素晴らしいことの1つは、多くの機会に恵まれているということです。 EPOSは急速に成長しており、会社の成功に貢献しながら、自分自身と、自分の職務を発展させる素晴らしい機会に満ちています。 当社のトップマネジメントは、コアコンピタンスと強みの発見を促す文化を奨励し、社員はそれらを最大限に活用することができます。 熱意と高いスキルを持ち、野心的な同僚たちとの緊密なコラボレーションも大好きです。

ちょっとご紹介

私は3本足のランナーです。事故で体の左側が麻痺してしまった私は、歩行用つえを使って走ります。 私は、2013年の第1回Ironman Copenhagenに参加したことを誇りに思っています。 私は、自分が泳げないどころか、1回のストロークさえもできないことを忘れていました! 3.8kmの距離を泳ぎ切るため、6か月かけて練習をする必要がありました。 それ以来、9回のトライアスロンワールドチャンピオンシップで優勝しています。

部署の他の人たちと会う